« 戦力分析【横浜編・07開幕】 | トップページ | 今岡5打点大暴れ!オープン戦7連勝! »

2007年3月21日 (水)

戦力分析【広島編・07開幕】

Image07c セリーグ開幕直前、戦力分析。今回は昨年5位の広島東洋カープ。2006年末のカープの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。エース・黒田のFA流出を止め、投手陣も近年で見ると、それなりの厚みが出来つつある。得点力不足が浮き彫りになり、故障リスクの高い選手が揃うなか、2年目のシーズンとなるブラウン監督がクライマックスシリーズ進出を狙う。

【野手編】
Image07corder 梵、東出の1,2番による機動力野球で“赤ヘル打線”の復活を狙う。赤ゴジラ・嶋が5番に回り、新井(昨年25本100打点)、栗原(昨年20本)とポイントゲッターの役割を担う。3番に固定した前田智が開幕直前の太もも痛で戦線離脱がチームに大打撃。逆に復調組では緒方、尾形(ショートから外野にコンバート)が好調。一気にレギュラー奪取も狙える所にいる。捕手では石原、木村一が故障で出遅れており、外野手登録であった中東(ホンダ鈴鹿)を抜擢。俊足巧打ということで、上位での起用も考えられる。

【投手編】
昨年13勝のエース・黒田を中心にした投手陣も後が続かず。ナックルボーラー・フェルナンデスも制球難&クイック難で未知数。39歳・佐々岡に頼らざるを得ないのは情けない。それでもリリーフ陣は例年になく戦力が整っている。3年目・梅津がオープン戦好調でセットアッパーの座を奪えそう。ルーキー・宮崎(ホンダ鈴鹿)もリリーフでの開幕となり、まずは経験を積みたい。課題は左投手不足で河内が“左キラー”として起用できるようになるかがポイントになる。先発でも青木高(日産自動車)がローテに入れるか?

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 黒 田 大 竹 佐々岡 フェルナンデス 長谷川
中継 横 山 梅 津 宮 﨑 佐 竹 河 内
抑え 永 川
次点 青木高 上 野 広 池 齊 藤 高橋建 ダグラス
野手
捕手 中 東
内野 栗 原 東 出 新 井 松 本 大須賀
外野 森 笠 緒 方 廣 瀬 尾 形 井 生
山 田 天 谷
次点 石 原 木村一 山崎浩 岡 上 末 永 前田智
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【横浜編・07開幕】 | トップページ | 今岡5打点大暴れ!オープン戦7連勝! »

コメント

横浜同様、黒田に負担への負担が重いですね。

しかし中継ぎ陣の調整がイイようで・・・

打撃は前田の復活を待つのみという感じですかね?

投稿: ある | 2007年3月25日 (日) 02:20

あるさんへ

記事にも書きましたが、
先発陣のコマ不足ながら、リリーフ陣は結構揃ってたりする
今年のカープなんですよ。

とはいっても新人の3人(上野、青木、宮崎)が
活躍するのが条件にはなるのですが・・・。

打つ方は、機動力をもう少し織り交ぜれてくれば、
もっと強くなりそうな予感もしますよ。

投稿: PJ. | 2007年3月25日 (日) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【広島編・07開幕】:

« 戦力分析【横浜編・07開幕】 | トップページ | 今岡5打点大暴れ!オープン戦7連勝! »