« 戦力分析【楽天編・07開幕】 | トップページ | ハマの番長から6点撃破!小嶋にプロの洗礼。 »

2007年3月17日 (土)

戦力分析【オリックス編・07開幕】

Image07bs パリーグ開幕直前、戦力分析。今回は昨年5位のオリックスバファローズ。2006年末のバファローズの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。チームの顔であった谷が巨人へ移籍し、大砲・中村紀洋が波乱含みの自由契約。そして球界の番長・清原が開幕絶望。小粒感が否めない顔ぶれながら、コリンズ新監督ならではの采配が見られるかどうか?本拠地を京セラドームに移してのシーズンとなる。
【野手編】
Image07bsorder 春季キャンプでテスト入団したかつての大砲・ローズが入団。日本球界の在籍年数の関係で外国人枠扱いをしない事が大砲不足のチームに重宝しそう。ヤクルトからラロッカを獲得し3割20発ほどの実力を持つが、慢性的な故障が多く1年を通しての活躍は難しい。アレンも低めの捌きが難しく、外国人投手枠との併用になりそう。キャンプで坂口、由田ら若手を見出してきたのは名将さながら。個人的にはルーキー・大引(法大)が新人離れしたバットコントロールと堅実な守備を武器に1年間ショートを守り通せるか注目したい。

【投手編】
光原の故障が癒え、十分ではないが川越、平野佳を中心に先発陣は安定。セラフィニの起用を巡って内紛がありそうだが、契約最終年の今年は使わざるを得ないだろう。抑えは新外国人のカーターが有力。剛速球は持ち合わせてないが、制球力で抑えてきそう。セットアッパーとしては右の加藤(昨年61試合)が好調で、シーズン中のクローザー抜擢もありそう。問題は左で菊地原が未だオープン戦登板がなく、40歳テスト生・吉田修(ソフトバンク)を起用している。やはり手薄な面も否めず、リリーフ陣の1軍枠はまだ決まっていない。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 川 越 デイビー 平野佳 吉 井 セラフィニ 光 原
中継 加藤大 吉田修 金 子 萩 原 本 柳
抑え カーター
次点 岸 田 ユウキ 山 口 山本省 菊地原 大久保
野手
捕手 日 高 的 山 前 田
内野 北 川 塩 崎 ラロッカ 大 引 後 藤 水 口
阿部真
外野 村 松 ローズ 坂 口 相 川 大 西 由 田
次点 清 原 平野恵 岡 田 アレン 下 山
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【楽天編・07開幕】 | トップページ | ハマの番長から6点撃破!小嶋にプロの洗礼。 »

コメント

オリックスは最下位になるんでは?と俺は予想してます。

今年のオリックスは話題性が薄く、観客動員数も楽天(田中がいることで)にも負けそうな気がします。

そして、先発は意外にも充実していますが

中継ぎは楽天と同じくやや層が薄く

打線は機動力・守備が中心の野球になりそうで長だはローズ(の当たるか当たらないか)に頼らざるを得ないかと・・・

ただし2年目・平野。1年目・小松、大引など若手の台頭が非常に印象的で、ベテラン勢の起爆剤になるかも。

投稿: ある | 2007年3月19日 (月) 00:23

あるさんへ

普通にシーズンをやっているとオリックスが
最下位になる可能性が十分ありそうです。

まぁコリンズ監督の機動力野球がどの程度、
展開できるかでまた変わってくると思いますよ。

清原の復帰も注目されますが、
チームの若返りが進んでいる点もまた注目でもありますね。

投稿: PJ. | 2007年3月19日 (月) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【オリックス編・07開幕】:

« 戦力分析【楽天編・07開幕】 | トップページ | ハマの番長から6点撃破!小嶋にプロの洗礼。 »