« 始球式者(2007年)総まとめ。 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・07開幕】 »

2007年3月24日 (土)

戦力分析【巨人編・07開幕】

Image07g セリーグ開幕直前、戦力分析。今回は昨年4位の読売ジャイアンツ。2006年末のジャイアンツの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。チーム再生に着手し、谷(オリックス)、小笠原(日本ハム)、門倉(横浜)の主力級の補強に成功したが、エース・上原が開幕アウトで投壊への不安がよぎる。2年連続のBクラス落ち、もう負けられない1年。

【野手編】
Image07gorder 伊原総合コーチによる走塁に対する意識改革で、犠打、盗塁ともに数字を伸ばしたい。ミスター・長嶋茂雄氏の発案もあり、高橋由が1番に座り、谷がつなぎの2番に挑戦。足はあまり使えないが、つなぎの野球を展開できるか?FAで小久保を放出してしまったが、チーム打率最下位に終わった去年からの巻き返しを図りたい。二岡が故障で出遅れており、小坂、脇谷で当面はカバーする形。外国人枠の関係で野手3人のスタートになるが、9番に快足・鈴木尚を置いた超攻撃的オーダーも交流戦あたりで見れそう。

【投手編】
先発の柱である上原、パウエルを故障で欠き、かなりの苦戦が予想される。内海(昨年12勝)、姜(防御率1点台)、門倉(昨年10勝)が中心で回せるか?高橋尚が先発を直訴し、金刃(立命大)も度胸ある投球でローテ入り。リリーフ陣では、タフネス・吉武(ソフトバンク)が中心。左の林も故障明けで不安が残る。アンダースローの2年目・会田が1軍ではまるかがポイント。抑えの豊田も実績十分とはいえ、完全な信頼はおけず、近年の課題である接戦での取りこぼしは解消できそうにない。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 内 海 姜建銘 門 倉 高橋尚 金 刃 木佐貫
中継 吉 武 前 田 会 田 野 口
抑え 豊 田
次点 真 田 久 保 西 村 福 田 上 原 パウエル
野手
捕手 阿 部 加 藤 小田嶋
内野 李承燁 ゴンザレス 小笠原 二 岡 小 坂 脇 谷
木村拓
外野 高橋由 鈴木尚 矢 野 小 関 ホリンズ
次点 村 田 古 城 斉 藤 川 中 亀 井 清 水
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 始球式者(2007年)総まとめ。 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・07開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【巨人編・07開幕】:

« 始球式者(2007年)総まとめ。 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・07開幕】 »