« 能見、最終登板でまさかの9失点炎上。 | トップページ | 戦力分析【中日編・07開幕】 »

2007年3月26日 (月)

戦力分析【阪神編・07開幕】

Image07t セリーグ開幕直前、戦力分析。今回は昨年2位の阪神タイガース。2006年末のタイガースの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。エース・井川(ヤンキース)の穴を埋めるべく、若手左腕がし烈な競争を演出。新戦力150キロ右腕の2人の外国人助っ人が投手陣を救えるか?ポイントゲッター・今岡も故障から復帰し、チーム一丸となって2年ぶりのペナント奪回を狙う。

【野手編】
Image07torder オープン戦好調の鳥谷がついに1番で開幕するが、盗塁王奪回を狙う赤星に2番の仕事ができるかどうか?チーム打率は比較的高いが、簡単に残塁の山を築きやすいチームだけに不安が残る。5番には今岡が復帰し、長打力よりもアベレージに力を置いた打撃で、敬遠されやすい4番の金本と相乗効果が期待できそう。控えでは林威助の打撃に確実性が増し、ライトでの出場機会が望める。3年目・赤松も故障なくキャンプを乗り切り、若手が少ないだけに強肩俊足を武器に新たなスーパーサブとして1軍定着を担いたい。

【投手編】
右の福原、安藤と先発の柱が故障で出遅れており、“ポスト井川”と注目された若手3人がローテ入りしたが、手薄な感じは否めない。戦列復帰が5月前後と言われており、小嶋(大阪ガス)も交流戦あたりまでは先発で回したい所。新戦力・ジャン、ボーグルソン共に先発スタートになるが、未知数な所も多く、井川の抜けた穴は深い。自慢のリリーフ陣「JFK」も比較的順調に仕上がってきたが、先発陣に完投能力がないために、リリーフ陣の酷使は必至。橋本健や相木など連投の利く投手の奮起も欠かせない。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 下 柳 ジャン 能 見 江 草 ボーグルソン 小 嶋
中継 ウィリアムス 久保田 吉 野 橋本健 相 木
抑え 藤 川
次点 桟 原 杉 山 ダーウィン 中村泰 安 藤 福 原
野手
捕手 矢 野 狩 野 清 水
内野 シーツ 関 本 今 岡 鳥 谷 藤 本 高橋光
葛 城
外野 赤 星 金 本 濱 中 林威助 中村豊 赤 松
次点 浅 井 喜 田 秀 太 藤 原 桧 山
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、最終登板でまさかの9失点炎上。 | トップページ | 戦力分析【中日編・07開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/14417817

この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【阪神編・07開幕】:

» 千秋が地元でブーイング?  [面白ニュース 主婦が感じたニュースの感想]
千秋も大の阪神ファンなのは、有名な話。そんな人を開幕戦の記念セレモニーに呼ぶ方が、間違っている。もっと適当な人がいたと思う。 [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 00:35

« 能見、最終登板でまさかの9失点炎上。 | トップページ | 戦力分析【中日編・07開幕】 »