« 松坂、6年61億円でついに合意! | トップページ | レ軍松坂が会見「興奮しています」 »

2006年12月14日 (木)

藤川球児、1回目の交渉は保留

0612141214sokuho0551_kyd02573g061214t 阪神・藤川球児投手(26)が14日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだが、保留した。代理人の上杉昌隆弁護士も同席。藤川は「球団とはいい話し合いができている。ゆっくり時間をかけてやろうと思います。金額も言うつもりはありません」と話すにとどめた。球団は1億円アップの1億8000万円プラス出来高を提示したと見込まれるが、サインは次回以降に持ち越しとなった。

藤川は今季は4月15日の広島戦から7月11日の広島戦にかけて、47回2/3連続無失点をマーク。5勝を挙げ、防御率0・68の成績だった。球宴では豪速球で話題を独占するなど、球界を盛り上げた。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 松坂、6年61億円でついに合意! | トップページ | レ軍松坂が会見「興奮しています」 »

コメント

藤川にはぜひ松坂のいないこの日本の球界の中心になってほしいですね

そんな意味を含めても2億はあってほしいですね
(中継ぎ、抑えに2年も3年も契約結べないもんですかね??)

投稿: ある | 2006年12月14日 (木) 21:58

あるさんへ

ここ2年の球児の起用法からすると、
登板過多から選手生命が短くなってしまいそうな気もしますが、
あのストレートは客を呼べますからね。

それくらい惹きつけるものがありますよね?

リリーフ陣の評価方法は以前より問題になっていましたし、
それ相応の評価をしてあげたいですね。

リリーフの複数年は連投からの故障率が高いだけに
やはり難しそうですよ。

投稿: PJ. | 2006年12月15日 (金) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤川球児、1回目の交渉は保留:

« 松坂、6年61億円でついに合意! | トップページ | レ軍松坂が会見「興奮しています」 »