« 日本ハム、アジアシリーズ制覇。 | トップページ | 桜井、紅白戦で決勝2点打 »

2006年11月13日 (月)

FA小笠原、残留は明言せず 14日に巨人と交渉

0611131113sokuho0681_mde00222g061113t 日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言し、去就が注目される小笠原道大内野手(33)が13日、東京都内のホテルでFA宣言後初めて日本ハムと交渉し、「自分の球団への思いを伝えた。まだ、残留まで考えは至っていない」と白紙を強調した。14日には巨人と交渉することも明らかにした。

3日の交渉では複数年契約の提示を受けた。今回は条件面の話はなく、主に小笠原が球団への愛着を語ったが、態度は保留。交渉した島田利正チーム統轄本部長は「愛着があると言われてうれしかった。(残留への)ポイントは誠意しかない。金額だけの勝負ではない」と話した。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 日本ハム、アジアシリーズ制覇。 | トップページ | 桜井、紅白戦で決勝2点打 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FA小笠原、残留は明言せず 14日に巨人と交渉:

« 日本ハム、アジアシリーズ制覇。 | トップページ | 桜井、紅白戦で決勝2点打 »