« 坪井、戦力外通告。日本一、わずか3日後の衝撃。 | トップページ | 井川が31日に契約交渉 »

2006年10月29日 (日)

覇権奪回へ阪神キャンプ 打点王広沢コーチに期待

阪神の秋季キャンプが29日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで始まった。来季の覇権奪回に意欲を燃やすチームの中、新任の広沢克実打撃コーチに注目が集まった。

 「コーチが目立っちゃいけない」と言いながらも、185センチのかっぷくのいい体形は選手に交じっても、ひときわ目立つ。ヤクルト、巨人、阪神と渡り歩いた現役時代に306本塁打、985打点をたたき出した打者らしく、初日から浜中、林ら長距離打者の打撃に熱い視線を送った。

 「先入観が誤解を生むことがあるから、自分の目を信じる」と話していたように、じっと選手を観察する場面が多かった。初日を終えての感想も「何も言うことがなかったよ」。

今季のチーム打点563、得点597ともに前年を100以上下回り、得点力不足がリーグ連覇を逃す要因になった。そこで、岡田監督は2度の打点王に輝いたこともある広沢氏に、白羽の矢を立てた。

昨季の阪神の打撃部門は正田、和田両コーチで、いずれも現役時代はアベレージヒッター。岡田監督は言う。「広沢が入ることで(長距離打者という)違ったものがうまくミックスできる」

現役時代は甲子園のお立ち台で「六甲おろし」を熱唱した明るい性格の新コーチ。その手腕が期待される。(共同通信) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 坪井、戦力外通告。日本一、わずか3日後の衝撃。 | トップページ | 井川が31日に契約交渉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覇権奪回へ阪神キャンプ 打点王広沢コーチに期待:

« 坪井、戦力外通告。日本一、わずか3日後の衝撃。 | トップページ | 井川が31日に契約交渉 »