« ついに竜王手。明日、巨人戦にもVが決まるか。 | トップページ | オレ竜、2年ぶりのリーグ優勝! »

2006年10月 9日 (月)

ソフトバンクがプレーオフ第2ステージへ!

プロ野球パ・リーグのプレーオフ第1ステージ(3試合制)最終戦は9日、インボイス西武で行われ、レギュラーシーズン3位のソフトバンクが同2位の西武を6―1で下し、通算成績を2勝1敗として第2ステージ進出を決めた。3年ぶりのリーグ優勝をかけて、11日より同1位の日本ハムと対戦する。レギュラーシーズン3位のチームが第2ステージに進出するのは初めて。

第1戦 西武○1-0●ソフトバンク(インボイス西武ドーム) 勝利打点:和田
ライオンズ先発・松坂大とホークス先発・斉藤和の両エース対決で息詰まる投手戦。7回表、2死満塁のピンチを松坂がしのぐと、ライオンズは7回裏、中島のヒット、カブレラが追い込まれてからフォークを軽打し連続ヒットを放つと、続く和田のタイムリー2塁打でついに先制。投げては松坂が4死球ながら13奪三振の力投でホークスを完封し、プレーオフ第1ステージ初戦を飾った。

第2戦 西武●3-11○ソフトバンク(インボイス西武ドーム) 勝利打点:仲澤
ホークス打線が爆発し1勝1敗のタイとした。1点を追う4回表、先発したルーキー・松永がカブレラの押し出しで同点とされると、なおも満塁から仲澤の走者一掃の3点タイムリー2塁打で逆転。その後もライオンズの救援陣を攻め立て加点し、9回には松中、ズレータの連続弾で試合を決めた。5回途中から和田に代わり、マウンドに上がったルーキー・柳瀬が7回までパーフェクトに抑えて勝利投手に。

第3戦 西武●1-6○ソフトバンク(インボイス西武ドーム) 勝利打点:ズレータ
ライオンズ先発・西口、ホークス・寺原による決戦。5回裏、1死から中村がレフトスタンドへの一発でライオンズが先制。しかし7回、疲れの見えた西口を攻め、2死2,3塁から代打・稲嶺の同点タイムリー。8回表、2番手・星野が制球を乱しピンチを作ると、3番手・山岸がズレータに3ラン、的場にタイムリー2塁打を許し逆転に成功。9回に2点を追加し、勝負を制した。6回から2イニングをパーフェクトに抑えた柳瀬が連日の勝利投手。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« ついに竜王手。明日、巨人戦にもVが決まるか。 | トップページ | オレ竜、2年ぶりのリーグ優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクがプレーオフ第2ステージへ!:

» 松坂大輔投手メジャー入りか? [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
西武の太田秀和オーナー代行兼球団社長が11日、都内のホテルで松坂大輔投手と会談し、ポスティング・システム(入札制度)でのメジャー移籍を容認する考えを伝えた。 12日にも埼玉・所沢の球団事務所で正式発表する。 入団8年目で通算108勝、今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でMVPを獲得した日本の剛腕が、来季はメジャーのユニホームの袖に腕を通す見込み。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月14日 (土) 09:42

« ついに竜王手。明日、巨人戦にもVが決まるか。 | トップページ | オレ竜、2年ぶりのリーグ優勝! »