« 片岡、涙の引退タイムリー!甲子園勝ち締め。 | トップページ | 岩田、プロ初登板初先発もホロ苦デビュー。 »

2006年10月12日 (木)

日本ハムがプレーオフ突破!25年ぶり優勝。

プロ野球パ・リーグは12日、札幌市の札幌ドームでプレーオフ第2ステージ(4試合制)第2戦を行い、日本ハムが1-0でソフトバンクにサヨナラ勝ちし、レギュラーシーズン1位通過で得た1勝のアドバンテージを含む3勝目を挙げ、25年ぶりの優勝を決めた。日本ハムのリーグ制覇は東映時代を含めると3度目。札幌移転3年目で快挙を成し遂げた。ソフトバンクはダイエー時代の2004年から3年連続で第2ステージ敗退となった。

優勝経験のない楽天を除き、最もリーグ優勝から遠ざかっていた日本ハムは、21日から始まる日本シリーズ(第1、2、6、7戦はナゴヤドーム、第3-5戦は札幌ドーム)に進出。2年ぶりにセ・リーグを制した中日と対戦し、東映時代以来44年ぶり2度目の日本一を目指す。

第1戦 日本ハム○3-1●ソフトバンク(札幌ドーム) 勝利打点:SHINJO
パ・リーグ最終決戦、第1ラウンドはダルビッシュ、杉内の先発。日本ハムが若きエースの力投で快勝した。初回に松中の犠牲フライで先制を許すも、1点を追う3回裏、セギノール、SHINJOのタイムリーで逆転。8回裏、第1ステージ突破の立役者となった柳瀬が金子にタイムリーを許し、貴重な追加点を挙げた。先発したダルビッシュは威力十分の直球を軸に1失点完投。最後は150キロのストレートで締めた。王手を掛けた日本ハムは明日、勝つか引き分けで25年ぶりのリーグ制覇となる。

第2戦 日本ハム○1x-0●ソフトバンク(札幌ドーム) 勝利打点:稲葉
日本ハムが25年ぶりのリーグ制覇を飾った。日本ハム・八木、ホークス・斉藤和の両先発が互いに譲らぬ投手戦を展開。ルーキー八木の力投に応えたい日本ハムは9回裏、2死1,2塁とすると稲葉のセカンド左への当たりが内野安打となり、この間に2塁走者・森本が一気にホームへ生還し、サヨナラ勝ち。次打者・SHINJOが飛び上がって喜び、中4日のマウンドながら、9回まで2塁を踏ませない好投を見せた斉藤和が泣き崩れた。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 片岡、涙の引退タイムリー!甲子園勝ち締め。 | トップページ | 岩田、プロ初登板初先発もホロ苦デビュー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハムがプレーオフ突破!25年ぶり優勝。:

» 4連勝で北海道日本ハムファイターズが日本一に [田中幸雄]
日本ハムを率いて4年目、トレイ・ヒルマン監督が、北海道に初めて日本一球団を誕生させた。ナゴヤドームでの初戦こそ落としたが、その後は4連勝。勝利監督インタビューでは、代名詞となったシンジラレナ〜イを叫んで喝采を浴びた。外国人監督のシリーズ制覇は、昨年のロッテ・バレンタイン監督に次いで2年連続2人目となった。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 13:07

» 4連勝で北海道日本ハムファイターズが日本一に [田中幸雄名球会への道]
日本ハムを率いて4年目、トレイ・ヒルマン監督(43)が、北海道に初めて日本一球団を誕生させた。ナゴヤドームでの初戦こそ落としたが、その後は4連勝。勝利監督インタビューでは、代名詞となった「シンジラレナ~イ」を叫んで喝采を浴びた。外国人監督のシリーズ制覇は、昨年のロッテ・バレンタイン監督に次いで2年連続2人目となった。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 22:40

« 片岡、涙の引退タイムリー!甲子園勝ち締め。 | トップページ | 岩田、プロ初登板初先発もホロ苦デビュー。 »