« 5番探し、番長攻略を任された攻守の要・矢野の一打! | トップページ | 久々14安打も、拙攻に力尽きたリリーフ陣。 »

2006年7月 8日 (土)

井川、完封目前で波乱。球児が辛くも・・・。

東京ヤクルト●2-4○阪神(秋田こまちスタジアム) 勝利打点:金本⑦

テレビ大阪で2回表途中から中継。今日の先発は井川(中5日)、ヤクルト・石川。今日は3番に濱中を持ってきて、理想のオーダーを模索するタイガース。やや球が高かった石川を攻略し、久しぶりのタイムリーが続きました!注目の3番・濱中がセンター前へヒットを放ち、無死1,2塁。ここで、金本がセンター前へタイムリーを放ち(濱中、3塁で走塁死)先制!

続くシーツがレフト線へタイムリー2塁打、矢野がライト前へ3連続タイムリーを放ち、一気に3点を先制したタイガース。2回にも、1死3塁から赤星が右中間にタイムリーを放ち4点め。岡田監督による直接指導が結果につながったというところでしょうか?

味方の援護をもらった井川の投球。ここ3試合ほど本人も納得のいく投球が出来ていることもあり、冷静なピッチング。中盤まで三振こそ奪えなかったものの、2塁を踏ませず安心して見れましたよ。初回、青木の難しいショートゴロを鳥谷がさばけなかったから、この結果は出なかったかもしれません。

3回以降は打線が沈黙。最近の眠る虎へ・・・。9回2死から鳥谷がヒットを打つまで23人ヒットが出ない非常事態にもめげず、井川の組み立てもはまりました。中盤以降はストレートを決め球にして、6三振。今季2度めの完封も見えてきたのですが・・・。

9回ウラ、先頭の青木にチェンジアップが高めに抜けると、ライトスタンドへ一発を浴び1点を返されると、続くリグスにもストライクが入らず、ストレートの四球。見かねた岡田監督はスパッと球児にスイッチ。抑えとして走者のいる場面からの登場でしたが、岩村にヒットを許し無死1,2塁。ここからラミレス、ラロッカとストレート勝負で連続三振!2死から宮出にライト前へ打たれ、1点を失った(井川の残したランナーなので、連続無失点記録は継続)ものの・・・辛くも逃げ切り。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
金本 シーツ 矢野 井川
赤星 濱中 藤本 中村豊 藤川
関本 鳥谷
 
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 5番探し、番長攻略を任された攻守の要・矢野の一打! | トップページ | 久々14安打も、拙攻に力尽きたリリーフ陣。 »

コメント

今日は絶好調マークの人が誰もいませんね~。なかなか厳しい評価ということでしょうか。ゆ

投稿: ゆーろ | 2006年7月 9日 (日) 00:52

ゆーろさんへ

もちろん井川が最後まで投げきれば、
一番の評価だったでしょうが…。
少し厳しめにつけてみました。

投稿: PJ. | 2006年7月 9日 (日) 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井川、完封目前で波乱。球児が辛くも・・・。:

» 猛虎劇場『其の七十七』・・・53年ぶり秋田の地で、阪神タイガースが試合を制す・・・ [ごんぞーの『楽歩快走』な日々]
今日は53年ぶり秋田に出向いて、ヤクルトとの2連戦の初戦でした。 結果は、阪神○4-2●ヤクルトと、阪神タイガースがまずは勝利を収めました。 阪神タイガースは、今季44通り目の打線で臨みまして、 序盤はその打線が機能して得点を挙げましたが、3回以降は全く機能せずでした。 阪神タイガース打線の症状は、まだまだ完治には程遠い状態のようです。 ですが、今日は先発の井川がまずまずの投球を続けて、 8回までは文句無しでしたが、9回に一発を打たれました。まだ完全じゃないです。... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 22:40

» 井川完封ならず [パイプの部屋]
井川は8回まで散発4安打の力投。見ていて安心感のあるすばらしいピッチングをしてくれました。9回先頭の青木にHR。これはもう仕方ないですね。続くリグスに四球を出して藤川に交代。もったいないですね。完封はできなかったとしても、せめて完投はと思いました。けど...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 23:10

» 井川完封ならず [パイプの部屋]
井川は8回まで散発4安打の力投。見ていて安心感のあるすばらしいピッチングをしてくれました。9回先頭の青木にHR。これはもう仕方ないですね。続くリグスに四球を出して藤川に交代。もったいないですね。完封はできなかったとしても、せめて完投はと思いました。けど...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 23:20

» 逃げ切り!どや! [虎のおしゃべり堂]
 手首を傷めていた関本も元気にスタメン復帰した今日、7月8日の 阪神vs.ヤクルト戦。  初回、阪神に待望の連打が生まれる。一番・赤星がファーストゴロに 倒れた後、関本が四球を選んで出塁、今日は三番に座った濱中が ストレートをセンターに弾き返し、一死一、二塁に。四番・金本がタイ ムリー、五番・シーツがタイムリーツーベース、六番・矢野がライトへ さらにタイムリーで一挙3点。  一回裏を井川がテンポよく三者凡退で切った後、二回には藤本が センター越えのツーベース、井川が送って一...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 23:43

» 逃げ切り!どや! [虎のおしゃべり堂]
 手首を傷めていた関本も元気にスタメン復帰した今日、7月8日の 阪神vs.ヤクルト戦。  初回、阪神に待望の連打が生まれる。一番・赤星がファーストゴロに 倒れた後、関本が四球を選んで出塁、今日は三番に座った濱中が ストレートをセンターに弾き返し、一死一、二塁に。四番・金本がタイ ムリー、五番・シーツがタイムリーツーベース、六番・矢野がライトへ さらにタイムリーで一挙3点。  一回裏を井川がテンポよく三者凡退で切った後、二回には藤本が センター越えのツーベース、井川が送って一...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 23:49

» 井川完封ならず [パイプの部屋]
井川は8回まで散発4安打の力投。見ていて安心感のあるすばらしいピッチングをしてくれました。9回先頭の青木にHR。これはもう仕方ないですね。続くリグスに四球を出して藤川に交代。もったいないですね。完封はできなかったとしても、せめて完投はと思いました。けど...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 00:24

» 極端長眠、三者凡退沈黙打線でしのがれる4-2ヤクルトはもっと重苦しいのか? [勝利にっき猛神化打]
今日のヤクルトは勝つ気が薄かった 井川の球は余裕があるとストレートもカーブもボールが軽い 真に当たれば全部と奥へ飛んで行きそうだった。なのに 先発ピッチャーがノーツー02で球威が無く、もう打たれるだけのシーンで古田監督が見れいられないのか、ベンチから奥へ引っ込んだのが映った。その直後タイムリー連発で3点、と1点 勝つ気があるなら打たれるのが分かってるなら、今度からは2点取られた所で代えるべき 勝ちゃぁ何でも良いんですか!? 阪神の攻撃見てても集中打だけで、後は全然面白く無さ過ぎ... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 01:26

» 完封は逃すが、地方球場に強い井川K! [阪神タイガース世界一への道]
【この人のホームランで勝ったと思ったんだが、ハム連勝11でストップ】 秋田こまちスタジアム:観衆25,862 神310 000 000=4 ヤ000 000 002=2 [投手] (阪神)井川−藤川 (ヤクルト)石川−丸山貴−花田 [勝]井川7勝5敗 [負]石川7勝6敗 [セーブ]藤川3勝6S [本塁打] (ヤクルト)..... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 02:08

» ヤクルトとの東北決戦、まずは先勝 [BOA SORTE]
今日、明日は秋田でヤクルトとの東北決戦2連戦。 その初戦は序盤の得点を井川の好投で何とか守り切り、4-2で先勝。 ただ、今日の試合は阪神にとって内容が良かったというべきなのか、あまり良くなかったというべきなのか・・・。 1、2回の攻撃を見たときは、久しぶりに....... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 08:04

» 金本が打ちまくる。 [プロ家庭教師田中のトラ吉・阪神タイガース日記]
秋田で行われた、対ヤクルト戦11回戦。 またしても阪神の煮え切らない打線が目立った試合となった。 3番にファースト林を置く、新オーダー。 一見、今までにないほどの強力打線に見えるが、その繋がりが悪すぎる。 この日、林は爆発しなかったが、合計14安打とヒ...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 21:14

« 5番探し、番長攻略を任された攻守の要・矢野の一打! | トップページ | 久々14安打も、拙攻に力尽きたリリーフ陣。 »