« ’06オールスターファン投票結果発表! | トップページ | 杉山、雨男の宿命?片岡の2エラーに泣きコールド。 »

2006年7月 4日 (火)

大胆なオーダー変更、拙攻の中に光は林威助!

阪神○4-2●横浜(京セラドーム大阪) 勝利打点:シーツ⑦

サンテレビで完全中継。今日の先発は福原(中6日)、横浜・那須野。相手先発を左と読みきった岡田監督は、1番に濱中、3番に「サード」シーツ、5番「ファースト」スペンサーと変則オーダーで臨みました。立ち上がりの福原は際どい判定に泣かされながらの苦しい投球。金城に先制打を許すも、ファウルフライをスペンサーのダイビングキャッチでピンチで切り抜け。

2回には2死満塁からまたも金城にタイムリーを許し、2点のビハインド。KO寸前で粘った福原に打線が援護したのは5回でした。先頭の矢野が2塁打を放ち、続く鳥谷がセンター前へタイムリーを放ち1点を返すと、1死後、ピッチャー福原からまさかの4連続四球の大乱調。勝ちを意識したのか、ともかく2つの押し出しで逆転に成功。2番手・秦にスイッチし、満塁で金本でしたが併殺打に倒れ、ビッグイニングまでには至らず。

福原が苦しみながら6回を投げきると、7回にはなんと能見。久しぶりの勝ちパターンでの登板でしたが、きっちり三者凡退に斬ってとり、良い仕事をしました。

7回ウラ、3番手・木塚が登板すると、すかさず代打・が登場。真ん中低めのストレートを見逃さず、打った瞬間とわかる3号ソロをライト3階席への特大弾!!3発いずれも大阪ドームとあって相性の良さが出ましたね。

さらに、無死1,3塁のチャンスを作ったのですが・・・赤星のセカンドゴロに3塁走者・藤本が突っ込み本塁憤死。あと1点というのが本当に遠かった試合でもありました。早めに点差を広げれば、球児を少しでも休ませる事が出来るはず。もちろんチーム全体がわかっているはずです。

8回はウィリアムスがヒット2本を許しながら、無失点。そして、最終回は球児。153キロのストレートで空振三振をとるなど万全。三者凡退で連敗ストップです。
今日の試合の採点表(75点が基準)
林威助 能見 藤川
鳥谷 シーツ 福原 ウィリアムス
濱中 矢野 赤星 藤本 秀太
スペンサー 桧山
金本 片岡 関本
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« ’06オールスターファン投票結果発表! | トップページ | 杉山、雨男の宿命?片岡の2エラーに泣きコールド。 »

コメント

福原、よく耐えましたね。林のHRも吉報でしたね。ゆ

投稿: ゆーろ | 2006年7月 5日 (水) 00:41

ゆーろさんへ

コメントありがとうございます。
福原も相当カッカしてたと思いますが、
良くガマンできましたね。
負け運強い右のエースが5連勝ということで、
少しでも好調が続けばいいなと思いますよ。

投稿: PJ. | 2006年7月 5日 (水) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大胆なオーダー変更、拙攻の中に光は林威助!:

» これが相性ってやつですかね。 [人生は上々だ!?]
○阪神 4−2 横浜● なんだか勝ちが転がり込んできちゃったなぁ〜 連敗中だから今日はどんな形であれ勝ててよかったけど。 でも・・・もっと点取れてたよね(-_-;) バンザーイ!ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノヤッター! と心から喜べるのはいつの日か・・・。 ガンバレ...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 23:25

» 救いのバードミサイル!そして、四球は六つ♪ [虎のおしゃべり堂]
 7月4日、阪神vs.横浜戦。  ライト濱中を一番に入れ、一塁スペンサー、三塁シーツという サプライズがあった今日のスタメン。岡田監督もいろいろ考え、 模索しているのだろう。しかし、先手をとったのはベイスターズ。  初回、一死二塁から金城のタイムリーヒットで1点を先制。 さらに二回には二死満塁からこれも金城の適時内野安打でもう 1点、計2点を奪われた。虎の先発・福原は結果的に六回まで 投げたのだが、五回以外はすべてランナーを背負う苦しい展開。 粘り強く投げたというべきか、湾...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 23:30

» 猛虎劇場『其の七十四』・・・55イニングぶりのタイムリーも出て、阪神タイガースが勝利!・・・ [ごんぞーの『楽歩快走』な日々]
今日は勝ちました。3試合ぶりに六甲おろしを聞けました。良かったです。 試合の前半は「このまま、タイムリー欠乏症で負けぇ・・・」てな事も頭を過ぎったり。 でも、55イニングぶりのタイムリーを皮切りに、横浜ベイのミスにも助けられて、 そして、林威助の一発、締めはN-J-Fの継投リレーで、ばっちりと決めてくれました。 結果は、阪神○4-2●横浜と、今季相性の良い横浜から、勝ちをもぎ取りました。 これからさらに調子を上げて、勝利を稼いで欲しいところです。... [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 23:41

» かろうじて勝利 [パイプの部屋]
今日は先発メンバーを見てびっくり。確かに打線の組み替えは必要でしょうが、濱中が1番って。おまけに3塁シーツ、1塁スペンサー? スペンサーの1塁って大丈夫?先発福原が立ち上がりを捉えられ2点を先制されました。今の阪神打線には重い2点です。しかし5回先頭の...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 06:34

« ’06オールスターファン投票結果発表! | トップページ | 杉山、雨男の宿命?片岡の2エラーに泣きコールド。 »