« 福原快投!虎の子1点、上原からもぎとり辛勝! | トップページ | 球児、清原との真っ向勝負を制す! »

2006年7月21日 (金)

新庄、最後のオールスターでサプライズ!

06072201belt_gra00234g060721t オールスター第1戦(神宮
全セ○3-1●全パ 勝利打点&MVP:青木

関西テレビで完全中継。全国的な豪雨で開催が危ぶまれましたが、東京地方の雨が上がりプレーボール。セントラルの先発は川上(中)、パシフィックの先発は松坂(西)。我らがタイガースでは、赤星、金本、鳥谷、矢野、藤本と5人が先発出場。

注目は初回、3番SHINJOの第1打席。虹色のバットを持って登場し、川上はミットから大きくそれるとんでもない投球。これが双方の合図だったのか、なにやら新庄がベルト付近をいじり出し、ベルトに備え付けられた電光掲示板から文字が流れ出す!

「NEVER MIND WHATEVER I DO!! FAN IS MY TREASURE!」(ほっとけオレの人生だ。ファンはオレの宝物)とメッセージを流し、熱い思いをファンに発信。その打席で、2塁打まで放ってしまうところが新庄の実力。

Oot0607220702ns タイガースでは、やはり球児。2点リードで9回表のマウンドに上がると、カブレラ(西)に向かって右腕を真っ直ぐ伸ばす「ストレート宣言!」笑顔で応対するカブレラに対して150キロを超えるストレート勝負で空振三振!続く小笠原(日)も当てに行くことなく、フルスイング!あと1人というところでクルーン(横)にマウンドを譲り、最後は159キロのスピードショー。


ひちょりくんのピッコロ大魔王、、次世代のお祭り男? Sbb0607226ns

第2戦は宮崎サンマリンスタジアムでの対戦。セントラルは内海(巨)、パシフィックは斉藤和(ソ)の予定。九州地方の豪雨による被害が心配されますが・・・


もしよければ1クリックお願いします。

|

« 福原快投!虎の子1点、上原からもぎとり辛勝! | トップページ | 球児、清原との真っ向勝負を制す! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新庄、最後のオールスターでサプライズ!:

« 福原快投!虎の子1点、上原からもぎとり辛勝! | トップページ | 球児、清原との真っ向勝負を制す! »