« ファン感謝デーが見たいっ! | トップページ | 【TB企画】2005年の阪神タイガースを振り返る。 »

2005年11月20日 (日)

戦力分析【広島編・’05終了】

2005年公式戦全日程も終了。順に戦力分析を紹介していきます。最終回はセ6位の広島東洋カープ。グラフは2004年末の戦力を青で、そして現在のカープの戦力を赤で示してみました。故障者続出で、コイの季節から6月にかけてAクラスから急降下。巨人との最下位争いに敗れ、山本監督は辞任。2000本安打を達成した野村も引退。チームの若返りが進む。

【野手編】
キャンプ中に正捕手・石原の長期離脱、正ショート候補・岡上が今季絶望。さらに交流戦でリードオフマンとして3割を打っていた尾形が今季絶望、主砲・ラロッカの慢性的な故障と泣かされ続けたシーズンだった。そのなかで、開幕3戦目から新井が大ブレイク。レギュラーから外された悔しさをバネに、3割43発。4番に座るまでの活躍を見せた。問題は守備面であり、114失策と12球団ダントツのワースト。新井(23エラー)、二遊間の守備力アップが上位進出のカギになる。

【投手編】
ベイルが抑えに転向しまずまずの安定感を見せたものの、つなぐ事が出来ずに8回で追いつき追い越されるシーンが目だった。それでも、リリーフ陣では永川がセットアッパーとして力投、故障上がりの横山にフォーク、ストレートのキレが戻った。問題は左のリリーフ陣で、佐竹(5点台)、広池(8点台)とゲームを作れず。先発陣ではエース・黒田が最多勝、大竹が10勝を挙げたものの、後が続かず。佐々岡、高橋建とベテラン先発陣に陰りが見え、投手陣の若返りが急務。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 黒 田 大 竹 小山田 デイビー レイボーン 長谷川
中継 永 川 横 山 佐 竹 佐々岡 広 池
抑え ベイル
次点 ロマノ 大 島 梅 津 高橋建 天 野
野手
捕手 石 原
内野 新 井 野 村 ラロッカ 山 崎 栗 原 東 出
木村拓 浅 井 福 井
外野 前 田 緒 方 森 笠 末 永
次点 木村一 松本高 松本泰 尾 形 福 地 廣 瀬
もしよければ1クリックお願いします。

|

« ファン感謝デーが見たいっ! | トップページ | 【TB企画】2005年の阪神タイガースを振り返る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/7224886

この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【広島編・’05終了】:

« ファン感謝デーが見たいっ! | トップページ | 【TB企画】2005年の阪神タイガースを振り返る。 »