« 熱血タイガース党 #4 | トップページ | テレビでHGの素顔が・・・。 »

2005年10月29日 (土)

戦力分析【ソフトバンク編・’05終了】

2005年公式戦全日程も終了。先日、日本シリーズ出場2チームを優先して取り上げたので、ここから順に戦力分析を紹介していきます。ロッテ、阪神と続き、今回はパ2位のソフトバンクホークス。グラフは2004年末の戦力を青で、そして現在のホークスの戦力を赤で示してみました。2年連続レギュラーシーズン1位ながら、いずれもプレーオフで涙を飲んだ王監督。城島の故障にもめげず、戦い抜きました!

【野手編】
外野の柴原の長期離脱ながら、内外野守れるカブレラのレフトコンバートで補ったものの、攻守の要・城島の幾度の故障離脱。やはり日本シリーズに進めなかった一因となっている。バティスタは終盤調子を落としたものの、松中、ズレータの2人が三冠王クラスの破壊力を演出。調子の波はあるが、大村、川﨑の機動力、下位ではベテラン・宮地のハイアベレージさもあり、ロッテと引けを取らない。ただ中軸4人で71併殺という点がとの差といえば差なのかも。

【投手編】
杉内の沢村賞、斉藤の開幕15連勝と2人で29の貯金を作り出す豪華投手陣。問題点は、昨年新人王の2年目・三瀬のブレーキ。抑えとしてスタートを切ったが、交流戦での金本への頭部死球。あれからある種のイップスに陥った感もあり、抑えの座を馬原に譲った。昨年後半からセットアッパーの座についた吉武が今年61登板とフル回転したものの、リリーフ陣に若干の不安を残すシーズンとなった。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 杉 内 和 田 斉 藤 新 垣 星 野 田之上
中継 吉 武 三 瀬 神 内 フェリシアーノ 佐 藤
抑え 馬 原
次点 倉 野 竹 岡 高橋秀 岡 本 松本輝 山 田
 
野手
捕手 城 島 的 場
内野 松 中 ズレータ 本 間 バティスタ 川 﨑 カブレラ
鳥 越 稲 嶺
外野 大 村 宮 地 柴 原 井 出 荒 金 井 手
次点 田 口 山 崎 笹 川 吉 本 森 本 大 道
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 熱血タイガース党 #4 | トップページ | テレビでHGの素顔が・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【ソフトバンク編・’05終了】:

» 「【トラぶろ】正式公開のお知らせ」と「ご協力のお願い」 [トラスポどっとネット annex]
毎度お馴染みの方、毎度です! 初めての方、初めまして! 「トラスポどっとネット」のトラキチです。 今季は我が阪神タイガースも2年ぶり優勝を決め、 私を含めタイガースブロガーの皆さんは、 試合観戦や応援、ブログの更新にと大忙しだったのではないでしょうか?(笑) 本..... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 00:29

« 熱血タイガース党 #4 | トップページ | テレビでHGの素顔が・・・。 »