« 戦力分析【中日編・交流戦終了時】 | トップページ | 戦力分析【横浜編・交流戦終了時】 »

2005年6月18日 (土)

戦力分析【ヤクルト編・交流戦終了時】

image-s051 2回目の戦力分析、今回は現在3位のヤクルトスワローズ。キャンプ前(ヤクルト編)と見比べて、検証していきます。グラフはキャンプ前に私が今シーズンのスワローズを予想したものを青で、現在のスワローズの戦力を赤で示してみました。下馬評の年には優勝争いを演出する伝統は今年も健在。5割前後で大崩れしないのは野球がしっかりしているからか。

【野手編】
稲葉の抜けた穴を2年目・青木が完全にカバー。交流戦も好調で打率3割をキープし、宮本との1,2番が機能していることがやはり大きい。17盗塁の快足は、間違いなく新人王候補の筆頭だろう。気になったのは、ライトが日替わりのような併用になっている点。真中、リグス、ユウイチ、宮出がいずれも好調をキープ。1塁を守る鈴木健も考慮しながらの起用となっているが、チーム状態が良いのは監督の見事な手腕か。主軸では、岩村が故障もあったせいでホームランが少なくわずかに不調か。

【投手編】
チーム防御率がリーグ2位と去年の5位から大躍進。原動力は先発の藤井、川島が防御率2点前後の活躍をしていることか。エース石川の不調が気になるが、故障明けの館山が5勝を挙げ、ガトームソンもローテを守れるようになれば、さらに厚みを増す。救援陣では、五十嵐の調子が戻らずファーム暮らしだが、石井、故障明けのゴンザレスが強固な勝ちパターンを形成し、接戦時でも去年敗戦処理だった吉川が監督の期待に応えている。彼が4,5月の救世主だといっても過言ではない。

【1軍スタッフリスト(投手12人、野手16人)】
投手
先発 石 川 川 島 藤 井 館 山 高 井 ガトームソン
中継 ゴンザレス 吉 川 河 端 山 部 花 田
抑え 石 井
次点 山 本 佐藤賢 田中充 坂 元 石 堂 五十嵐
野手
捕手 古 田 小 野 米 野
内野 岩 村 宮 本 鈴木健 土 橋 城 石 三 木
リグス 度 会
外野 ラミレス 青 木 真 中 ユウイチ 宮 出
次点 福 川 野 口 田中浩 佐藤真 畠 山 本 郷
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【中日編・交流戦終了時】 | トップページ | 戦力分析【横浜編・交流戦終了時】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【ヤクルト編・交流戦終了時】:

» プロ野球交流戦を終えて [ブログで情報収集!Blog-Headline/sports]
「プロ野球交流戦を終えて」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。... [続きを読む]

受信: 2005年6月20日 (月) 00:34

« 戦力分析【中日編・交流戦終了時】 | トップページ | 戦力分析【横浜編・交流戦終了時】 »