« 戦力分析【阪神編・交流戦終了時】 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・交流戦終了時】 »

2005年6月18日 (土)

戦力分析【中日編・交流戦終了時】

image-d051 2回目の戦力分析、今回は現在2位の中日ドラゴンズ。キャンプ前(中日編)と見比べて、検証していきます。グラフはキャンプ前に私が今シーズンのドラゴンズを予想したものを青で、現在のドラゴンズの戦力を赤で示してみました。4月の独走も、交流戦に入ってまさかの大苦戦。独走状態から混セを演出するも、一番不気味なチームかもしれません。

【野手編】
ウッズの故障&出場停止もありながら、長打力は確実に上昇。しかしながら、優勝のキーマンとなった荒木、立浪の得点圏打率が急降下。井端の勝負強さを除いて、立浪、ウッズ、福留、アレックスと中軸の勝負弱さが拙攻の原因にもなっている。自分から志願したそうだが、立浪のレフトコンバートも興味深い。悪い流れを変えるためか、1,2番を打つ荒木、井端コンビの盗塁数が去年以上に増えているので、機動力に頼っている印象。こうなると、やはり打線が噛み合い出すと危険な感じもする。

【投手編】
先発3本柱のドミンゴが故障離脱、山本昌の不調と先発陣が総崩れの様相。しかしここに来て野口、マルティネスと出遅れ気味だった投手が台頭し、持ち直してきた感がある。先発転向した落合も最近は中継ぎで使ったりと、起用法が定まっていない。中継ぎ陣では、勝ちパターンだった岡本&平井が去年に比べて不調で、抑えの岩瀬につなぐまでは試合の行方がわからない。中田、石井、鈴木と即戦力ルーキーも登板機会が多かったが、どうも安定しない。

【1軍スタッフリスト(投手12人、野手16人)】
投手
先発 川 上 山本昌 山 井 野 口 マルティネス 鈴 木
中継 岡 本 平 井 高橋聡 久 本 落 合
抑え 岩 瀬
次点 川 岸 石 井 朝 倉 中 田 小笠原 ドミンゴ
野手
捕手 谷 繁 柳 沢
内野 ウッズ 井 端 荒 木 川 相 高橋光 沢 井
立 浪 渡 辺 森 野
外野 アレックス 福 留 英 智 大 西 井 上
次点 清水将 大 友 幕 田 土 谷 玉 野 森 岡
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【阪神編・交流戦終了時】 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・交流戦終了時】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【中日編・交流戦終了時】:

« 戦力分析【阪神編・交流戦終了時】 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・交流戦終了時】 »