« 福原快投、アニキ1500本安打! | トップページ | 能見ホロ苦デビュー・・・も両助っ人が救った! »

2005年4月 2日 (土)

プロ初登板は大緊張。

4月2日。ついに久保投手がプロのマウンドに立ちました。

プロ初登板で、初球が城島の背中の後ろを通る暴投だった自由枠ルーキーのロッテ・久保 「力んじゃいました。初球が暴投、(他に)いないですよね」

城島選手に対してのワンポイントのみでしたが、緊張が伝わる内容でした。


「プロ入り初登板という事で、とにかく腕を振る事だけ考え てマウンドに上がったのですが、めちゃくちゃ力んで抜けてしまいました。腕は触れていたので、最後も甘いボール だったが、フェンス前だったので、いい勉強になりました。これからも、投げるチャンスがあったら、しかり結果が出せるように頑張って行きたいです。」 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 福原快投、アニキ1500本安打! | トップページ | 能見ホロ苦デビュー・・・も両助っ人が救った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ初登板は大緊張。:

« 福原快投、アニキ1500本安打! | トップページ | 能見ホロ苦デビュー・・・も両助っ人が救った! »