« 大人力診断を受けてみる。 | トップページ | 虎バン【1/23】 »

2005年1月23日 (日)

戦力分析【広島編・キャンプ前】

image-c セリーグ戦力分析も今回で5球団目の広島東洋カープ。シーツが阪神に移籍し、内野陣の再編成が行われる。ベテラン野手の緒方・前田・野村の後継者を見つけるべく、若手を競争させながら戦うシーズンか。安仁屋投手コーチが復活し、崩壊した投手陣をどう組み立てるかが注目。



IN  ロマノ(投)、福井(内)、佐藤剛(投)、山﨑浩(内) など
OUT  デイビー(投)、玉木(投)、シーツ(内)、菊地原(投)、西山(捕)、町田(内) など

【野手編】
嶋、ラロッカの3割30本コンビが打撃陣を引っ張る。緒方は故障で出遅れ、前田との併用を促している。空いた外野1枠、および二遊間は若手による競争だ。ショートの名手・シーツを放出し、二遊間を若手で作っていく。その候補は尾形・東出・岡上・木村拓らの俊足選手。出塁率があれば、このなかで1,2番を作れるかもしれないが、守備面の対策は必至。毎年100失策以上のまずい守備は課題のままか。2000本安打まで優先起用の野村は1塁にコンバート。達成までは新井・栗原が活躍しづらい。

【投手編】
先発陣は黒田以外は競争。先発投手を引っ張りすぎるのは、中継ぎ・抑えに問題があるからである。去年は抑えの永川が大ブレーキ。大竹が代役を務めたが先発再転向を願い出ている。永川が復活すれば問題ないが、今年の抑えは先発のベイルをまわす案が有力。毎年、酷使させられる中継ぎ投手陣(林、天野、佐竹、広池ら)がどこまで持ちこたえることが出来るかがポイントである。(玉木、菊地原を放出する余裕がどこにあるのか)

【1軍スタッフリスト(投手12人、野手16人)】
投手
先発 黒 田 小山田 大 竹 高 橋 ロマノ 河 内
中継 佐々岡 天 野 佐 竹 永 川
抑え ベイル
次点 長谷川 小 林 広 池 沢 崎 仁 部 フェリシアーノ
野手
捕手 石 原
内野 野 村 ラロッカ 新 井 栗 原 東 出 尾 形
岡 上 福 井 浅 井
外野 前 田 緒 方 森 笠 木村拓
次点 木村一 比 嘉 天 谷 末 永 松本泰 福 地
機動力の赤ヘル軍団復活なるか?次回は横浜ベイスターズです。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 大人力診断を受けてみる。 | トップページ | 虎バン【1/23】 »

コメント

こんにちは。以前トラックバックしていただいた者です。実はいつも楽しく読ませていただいております。

カープの戦力分析、的確ですね。今季も厳しい戦いが予想されます…。
今のところ最も期待しているのは、安仁屋コーチの復帰だったりします。

他球団の戦力分析も興味深く読ませていただきました。自分も一度はやってみたいんですけど、なかなか…。

それではまた寄らせていただきますね。

投稿: やま | 2005年1月24日 (月) 22:46

やまさんお久しぶりです(こっそりドラマ批評とかも拝見してますよ)



戦力分析に関しては初めてコメントをいただいたので正直うれしいです(笑)それなりに辛口でいきましたから、怒られないかな~っと心配してます。


そうですね、安仁屋コーチの手腕にかなり注目してますよ!投手陣総入れ替えなんてこともありえますから。


確かに各球団とも勉強しないと難しいですね・・・(ただの知ったかぶりかも)

投稿: PJ. | 2005年1月24日 (月) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【広島編・キャンプ前】:

» キャンプ予習編I←沖縄の者たち [よく考えるぎょるいのひとver.3.10]
←ちょっと粗いだが,日本プロ野球では8球団,あと韓国のプロ野球球団も3チームほどいる。期間中には日韓戦も各地で開催されるようで楽しみである。今のところは日本の方... [続きを読む]

受信: 2005年2月 2日 (水) 20:34

« 大人力診断を受けてみる。 | トップページ | 虎バン【1/23】 »