« 戦力分析【ヤクルト編・キャンプ前】 | トップページ | 熱血!タイガース党【1/21】 »

2005年1月21日 (金)

戦力分析【巨人編・キャンプ前】

image-g 3球団めの今回は読売ジャイアンツ。監督との確執でも残留を選んだ清原。メジャーに行けなかった仁志。そして清水が外野1本にこだわるために、鉄砲肩キャプラーとの併用が果たして上手くいくのか?センターラインの強化、スピード野球、と堀内監督が本気になって勝ちに来ているようだが・・・。


IN  ミセリ(投)、キャプラー(外)、野間口(投)、西山(捕) など
OUT  ランデル(投)、コーリー(投)、福井(内)、三沢(投)、ペタジーニ(一塁) など

【野手編】
走れるスタメン選手が仁志、二岡、清水くらいなので盗塁数はそんなに増えなさそうだが、相手投手に危機感を抱かせることが出来るか?清水は3割バッターだが超がつくほどの弱肩、キャプラーは打撃に不安がよぎる。どちらがセンターを守るのか?序盤戦は右ヒジを手術した高橋由の回復具合を見ながらの起用になるだろう。清水が外野にこだわり、1塁は清原に頼らざるを得なくなった堀内監督。清原が故障した時に江藤・斉藤・吉川が代役を務めることが出来るのか?東京ドームで飛ぶボールを使わなくなっても、やはり自慢の破壊力を武器に挑むことになりそう。

【投手編】
全ては抑えのミセリ次第。うまく抑え役がはまれば、優勝も見えてくるが・・・失敗した場合は木佐貫・久保・林が去年のようにフル回転することになりそう。新人の野間口は6月くらいから先発できれば合格点。工藤、桑田が先発6番手くらいになるほどの層になれば、中日に対抗できるかもしれない。堀内監督の「真田&林セットアッパー案」も果たして?不調に終わった木佐貫&高橋尚が今年また復活するのかも注目。やはりエース上原の投げる日は落とせないだろう。

【1軍スタッフリスト(投手12人、野手16人)】
投手
先発 上 原 木佐貫 工 藤 高橋尚 久 保
中継 シコースキー 前 田 中 村 岡 島 佐藤宏
抑え ミセリ
次点 桑 田 野間口 真 田 柏 田 鴨志田 河 原
野手
捕手 阿 部 村 田 西 山
内野 清 原 仁 志 小久保 二 岡 江 藤 黒 田
元 木 鈴 木
外野 ローズ キャプラー 高橋由 清 水 斉 藤
次点 吉 川 後 藤 堀 田 小 田 川 中
戦力が噛みあえば巨人も手ごわい。次回は2年ぶりの優勝を目指す阪神タイガース。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【ヤクルト編・キャンプ前】 | トップページ | 熱血!タイガース党【1/21】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【巨人編・キャンプ前】:

« 戦力分析【ヤクルト編・キャンプ前】 | トップページ | 熱血!タイガース党【1/21】 »