« Ys稲葉、ヤクルトと決別。【夢への覚悟】 | トップページ | イチローが藪に辛口エール。 »

2005年1月20日 (木)

戦力分析【中日編・キャンプ前】

image-d 一度はやってみたかった(笑)戦力分析。04年の順位順に、今シーズンを占っていきたいと考えてます。まずはセリーグを制した中日ドラゴンズに敬意を。(パリーグは知識の乏しさから未定です)

左の表はエクセルで作ったものです。項目は采配から選手層に変えました。


去年、優勝したにもかかわらず10億円以上の補強、余念がありません。

IN  マルティネス(投)、T.ウッズ(内)、清水将(捕)、大友(外)、玉野(内) など
OUT  バルデス(投)、バルガス(投)、紀藤(投)、リナレス(一塁) など

【野手編】
T.ウッズの入団で待ちに待った大砲の入団。30発以上が約束され、福留以外で長打が期待しにくかった打線に厚みがかかっている。ただ守備・走塁共に難があるウッズがどこを守るのか?一塁にしてもレフトにしても穴であることには間違いない。また、機動力でかき回すオレ流野球に、勝負弱いウッズが主軸を張れるのか?(6番くらいを打った方が恐い)一塁は渡辺、外野は英智と守備固めがしっかりしているだけに、ウッズの下げ時にも注目。現時点では、レフトか一塁以外はレギュラーポジションが埋まっている安定性は手ごわい。

【投手編】
落合の8年ぶりの先発転向が注目されるが、エース川上が隔年病の恐れもあるのでダウン評価をしました。やはり先発4番手以降がカギ。交流戦は連戦が続くので6人は欲しいところ。去年は山井、小笠原、平松らが谷間を埋めたが、今年も入れ替わり立ち代わりでやりくりしていくのか?さらに不調が続いた野口、朝倉は再起に期待がかかる。今年も岡本、平井、岩瀬のリリーフ陣が捨て試合以外はフル回転するのでしょう。

【1軍スタッフリスト(投手12人、野手16人)】
投手
先発 川 上 山本昌 ドミンゴ 野 口 落 合 朝 倉
中継 岡 本 平 井 小笠原 遠 藤 高橋聡
抑え 岩 瀬
次点 マルティネス 山 井 長 峰 久 本 川 岸 平 松
野手
捕手 谷 繁 柳 沢
内野 立 浪 井 端 荒 木 川 相 高橋光 森 野
T.ウッズ 渡 辺
外野 アレックス 福 留 英 智 大 西 井 上 土 谷
次点 清水将 大 友 中村公 玉 野 仲 澤
こんな感じで、キャンプインまで細々と6球団目指してやっていきます(笑) もしよければ1クリックお願いします。

|

« Ys稲葉、ヤクルトと決別。【夢への覚悟】 | トップページ | イチローが藪に辛口エール。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【中日編・キャンプ前】:

« Ys稲葉、ヤクルトと決別。【夢への覚悟】 | トップページ | イチローが藪に辛口エール。 »