« バーン投手獲得【プチマネーゲーム】 | トップページ | 日米野球も終了。 »

2004年11月13日 (土)

9番打者(投手)の役割。

虎投コツコツ「バント道場」。本当にピッチャーのバントが下手で。(阪神の場合、赤星や藤本も練習が必要な感じやけど。)なかなか投手の人は打率2割も打てないですから、見てる側からしてもバントは決めてほしいな~って思います。

今年の阪神は、本当に犠打(進塁打)が少なかったような気がします。(犠打:03年=123→04年=67)優勝した03年の時の星野監督の手堅さを見ているからでしょうか。バントをさせても決めれないと岡田監督も思ってたんでしょうか・・・。それとも、ハナからバントさせる気がなかったのか・・・。(たぶん後者でしょう)

粗っぽい野球も見せてもらった04年でもあります。いくら大量点を取る力があっても、「ここぞ」という時に1点を取りにいけなかったから、中日ヤクルトよりも順位が下だったと思います。98年に権藤監督で優勝した横浜(マシンガン打線)は投手以外はバントしなかったけど・・・エンドランを決めれる確実性が今の阪神には無いです。(岡田監督いわく、エンドランを仕掛けた回数は去年よりも多いとか・・・)

みんな久慈を見習って!(笑)バントするための代打なんて、職人って感じするけど、なんかチームとしては情けないです。

表)投手の犠打成績
打席 犠打 打率 【参考】 打席 犠打 打率
山本昌 (中日) 60 11 .133 福原 (阪神) 63 4 .123
河内 (広島) 46 9 .171 下柳 (阪神) 41 5 .029
(阪神) 41 8 .125 杉山 (阪神) 17 3 .000
黒田 (広島) 55 8 .130 三東 (阪神) 16 1 .267
石川 (ヤクルト) 59 8 .200
上原 (巨人) 68 8 .241
井川 (阪神) 78 8 .060
あなたの応援待ってます。

|

« バーン投手獲得【プチマネーゲーム】 | トップページ | 日米野球も終了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9番打者(投手)の役割。:

« バーン投手獲得【プチマネーゲーム】 | トップページ | 日米野球も終了。 »