2016年5月 5日 (木)

大和、2年ぶりの一発は決勝弾!ナゴヤで勝ち越し!

20160505 中日●0-1○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:大和②

関西テレビで3回表途中から中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、中日・小熊。福留が脚の張りを訴えて再び欠場。板山を5番ライトに抜擢しました。原口も好調を買われメッセと初のバッテリー。2回、2アウト1,2塁のチャンスで北條がレフト線へ痛烈な当たりを放ちますが、ナニータのダイビングキャッチに阻まれました。

4回、2アウトから原口がピッチャー強襲のヒット。小熊の右腕に当たって緊急降板となり、代わったのは山井。北條に四球を出した後、暴投で2,3塁のチャンスでしたがメッセが曲がりの大きいスライダーに見逃し三振。判定後、悔しがるようにフルスイング。

初回のピンチを切り抜けてからは、我慢のピッチングを見せたメッセ。球数が多かったですが、要所で変化球でカウントを取って切り抜けました。6回、平田がカーブを振りぬき、レフトフェンス際まで飛ばされますが、高山がフェンス激突しながらキャッチ!

7回、2アウトから大和が高めに浮いた変化球を振りぬき、打った瞬間とわかる一発でタイガース先制!プロ2号となる2年ぶりの一発!そのウラ、先頭・ナニータにヒットを許し、2アウト3塁のピンチ。杉山に四球を出した後、代打・野本に左中間を破りそうな当たりを飛ばされますが、高山が追い付いてピンチ脱出!メッセは114球で降板。

8回はドリス。先頭・大島にフルカウントから四球。すかさず盗塁を試みますが、ここで原口の2塁送球が決まって間一髪アウト。このプレーが大きかった。続く荒木にはカウント3-0から追い込んでアウトを取って無失点。9回はマテオ。先頭・ビシエドの1,2塁間への強い当たりを北條が追い付いてアウト。2アウトからヒットを許しますが、最後は代打・藤井を外角ストレートで空振り三振に抑えてゲームセット!鬼門と言われかけたナゴヤドームで勝ち越し!

「当たりさえすれば入ると今年はわかっていたので。まぐれですね。」by 大和
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大和 原口 メッセンジャー[勝] マテオ[S](3)
  ドリス[H](2)
高山  
北條 板山  
鳥谷 新井良
ゴメス 今成  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 坂本誠志郎捕手(初昇格。期待のルーキーが合流。元気よく行きたい。)
OUT 横山雄哉投手(プロ初勝利の好投。10日後にもう1度チャンス。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

横山、7回0封で待望のプロ初勝利!原口もプロ初弾!

20160504 中日●0-9○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:ゴメス②

サンテレビで完全中継。今日の先発は横山(初昇格)、中日・吉見。高山が4試合ぶりにスタメン復帰。初回、先頭・高山がピッチャー強襲の内野安打で18打席ぶりのヒット。1アウト1,2塁のチャンスでしたが得点できず。立ち上がりは緊張の色をうかがえた横山ですが、球速は130キロ台ながらストレートのコントロールが良くなっていました。

4回、福留のライトフェンス直撃の2塁打でノーアウト2,3塁とすると、ゴメスのライト前タイムリーでタイガース先制!続く板山も初球を痛烈なライト前タイムリーで2点目を取ると、1アウト1,2塁で原口がレフトスタンドへプロ1号の3ラン!一挙5点の猛攻でした。そのウラ、福留が再び足の張りを訴えて交代。先頭・荒木にチーム初ヒットとなるライト線2塁打を許しますが、クリーンアップ相手に無失点で抑えた横山。これでゲームが落ち着きました。

5回、前の回は盗塁失敗で攻撃終了となり打ち直しの大和がヒット。続く鳥谷もフォークを巧く弾き返してノーアウト1,3塁のチャンス。途中出場の横田はピッチャーゴロで三本間で挟殺されますが、それでもゴメスが詰まりながらセンター前へ2点タイムリーで7-0とした所で吉見KO。今日は球威に欠けました。

7回、2アウト1塁で板山がライトフェンス直撃の2塁打を放ち、プロ初の猛打賞。続く北條がライト前タイムリーで先発野手が全員安打。続く原口も詰まりながらショート後方へ落とすタイムリーで9点目。ウエスタンでの登板から中4日だった横山は7回95球で降板。被安打3と今日に関しては完璧な内容でした。

9回、前の回からライトの守備に入った江越でしたが、初球を打ち上げてサードフライ。横田とも打撃不振から抜け出せず苦しくなってきました。そのウラ、石崎が今季初登板でストレート勝負で3人斬り。今季5戦目でナゴヤドームで初勝利!

「長かったですけど、ホッとしてます。マウンドの方が緊張します。」by 横山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 板山 原口 横山[勝]  
大和 鳥谷 新井良
  榎田(2) 石崎(3)
高山 北條  
福留  
  横田 江越
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 横山雄哉投手(初昇格。プロ2年目で再び先発ローテ入りを狙う。)
OUT 小宮山慎二捕手(原口の大活躍に押された形。出場は2イニングのみ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年5月 3日 (火)

北條、攻守でアピールも…ナゴヤドーム6連敗で鬼門。

20160503 中日○4-2●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:桂

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、中日・ジョーダン。好調の大和が1番に上がり、北條を2番に抜擢。狩野も昨年8月以来のスタメン。初回、先頭・大和が右中間への2塁打で出塁すると、1アウト3塁の場面でジョーダンが暴投の間にタイガース先制!しかしそのウラ、大島のサード後方のふらふら~っとした当たりで2塁打にされると、平田のタイムリーで同点。さらに2アウト1,2塁から谷にライト線へのタイムリーを許して逆転。

4回、ノーアウト1,2塁のチャンスで陽川が初球ボテボテのキャッチャーゴロでしたが、これが進塁打の形に。これにはベンチの金本監督も苦笑い。ここで原口のライト犠牲フライで2-2の同点!さらに5回、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、福留が見逃し三振。続くゴメスも右中間へ良い当たりでしたが、大島に追いつかれました。

5回、桂がレフトスタンドへの一発を放ち、ドラゴンズ勝ち越し。2アウトから荒木の左手に死球を出した藤浪。直後、盗塁を許してしまい、1,2塁で苦手のビシエドという場面でしたが、北條が1,2塁間を破りそうな当たりをギリギリで追い付きファインプレー!6回の攻撃では原口が報復気味に死球を食らい、少しエキサイト。

7回、1アウトから代打・森野にストレートの四球を出してしまうと、代走・亀澤が盗塁成功。そして大島が内角攻めを続けた後、真ん中に入ったストレートを右中間オーバーのタイムリー3塁打で痛い4点目。藤浪は7回4失点、120球で降板。

8回、田島を相手に2アウト1,2塁のチャンスでしたが、代打・今成が空振り三振。9回も抑えの福谷から2アウト1,3塁のチャンスでしたが、ゴメスの二遊間を破りそうな当たりを荒木が追い付いてセカンドゴロでゲームセット。再び勝率5割に逆戻りで、ナゴヤドームは昨年から6連敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
北條  
鳥谷 原口 ドリス(2)
  板山
大和 藤浪[負]  
狩野 高山 江越
福留 ゴメス 陽川 今成
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

プロ野球スピリッツ5査定(岩貞祐太)

岩貞 祐太 背番号:17 背名前:IWASADA
所属:阪神タイガース 投手 左投げ(オーバースロー) 左打ち
球速:147km/h スタミナ:C(42) 先発調整力:D(14) 疲労回復力:D(13)

【ストレート】球威:C コントロール:C
【スライダー】球威:D コントロール:D 変化レベル:3
【カットボール】球威:E コントロール:E 変化レベル:1
【カーブ】球威:F コントロール:E 変化レベル:3
【チェンジアップ】球威:C コントロール:D 変化レベル:3
【フォーク】球威:F コントロール:F 変化レベル:2

【起用法】先発 7回以上 4~6点 スタミナ限界-
【プロスピ顔コード】3WW IPI IWQ 5FG VGU L39 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

大和、取り戻した勝負強さ!終盤に5点差大逆転!

20160501 阪神○7-6●DeNA(甲子園
勝利打点:大和①

朝日放送で完全中継。今日の先発は能見(中6日)、DeNA・山口。板山が1番に抜擢され、下降線の江越は6番に。2回、不運な当たりもあって連打でノーアウト1,2塁のピンチ。ここから2アウト満塁まで行き、ピッチャー山口自らレフト前2点タイムリーでベイスターズ先制。板山のバックホームがそれて進塁され、続く関根のタイムリーで3点目。

3回、1アウトから能見もヒットで反撃。続く板山の左中間を破るタイムリー2塁打。能見の激走で1点を返しました。続く大和もレフトライナー性の当たりをダイブの乙坂がこぼすヒットで2,3塁のチャンスでしたが、鳥谷が空振り三振。続く福留は四球を選んで満塁としましたが、ゴメスも見逃し三振。ここは追い付きたかった。

6回、1アウトからロペスのセンター前へのフライをダイブの江越が後逸して2塁打。この後、ヒットと暴投もあって2アウト2,3塁。ベンチは桑原を敬遠して満塁策に出ましたが、高城にレフトオーバーの3点2塁打で1-6。さらに山口もレフト前ヒットでしたが、板山がバックホームで刺しました。能見は悪くなかっただけに、痛い6回6失点。

7回、先頭・江越が10球粘って四球。続く陽川、代打・原口のヒットでノーアウト満塁とした所で、114球の山口が降板。左のザガースキーにスイッチし、代打・今成は良い当たりのショートライナー。ここから代打・狩野大和に対して8球ボールで連続押し出しで3-6。続く鳥谷はフルカウントから1,2塁間を破るタイムリーで2点差。ここでベイスターズは左の田中にスイッチして福留を三球三振。ワンポイントで右の須田に代えますが、ゴメスが初球レフト前への2点タイムリーで同点!一挙5点の猛攻で追い付きました。

8回はドリス-原口のバッテリー。狩野も昨年6月以来のレフトの守備に付きました。少し荒れ気味でしたが、フォークも落差があり無失点で抑えると、そのウラ、1アウトから原口のヒット。代打・高山も四球を選び、チャンスで回ってきた狩野の打席。三塁線の痛烈な当たりを倉本に飛びつかれて、2アウト1,3塁。ここで大和のライト前タイムリーでついに勝ち越し!9回はマテオが3人で締めてゲームセット!

「得点圏で打ててなかったので。本当はもっと笑いたいです。」by 大和
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大和 原口 ドリス[勝](3) マテオ[S](4)
   
ゴメス 狩野
板山 福留 陽川 高山 高宮(2)
鳥谷 江越 岡崎 今成
能見  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年4月30日 (土)

プロ野球スピリッツ5査定(高山俊)

高山 俊 背番号:9 背名前:TAKAYAMA
所属:阪神タイガース 外野手 右投げ 左打ち
ミート右:D(14) ミート左:E(11) 弾道:4
パワー:D(110) 走力:C(16) スローイング:E(11) 捕球:E(11)
肩力:E(12) 疲労回復力:D(13)
【守備レベル】左E(11) 中E(11) 右E(11)
【起用法】1番 レフト
【プロスピ顔コード】24L EYG PGJ UPV LTD ZJT もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球児、背水の先発登板で初の7回も援護なく惜敗。

20160430 阪神●2-3○DeNA(甲子園
勝利打点:ロペス

関西テレビで4回ウラから中継。今日の先発は藤川(再昇格)、DeNA・井納。高山がベンチスタートとなり、鳥谷が今季2度目の1番。3回までパーフェクトに抑えていた球児ですが、4回、先頭・関根がショート内野安打で出塁すると、盗塁成功。さらに1アウト1,2塁からダブルスチールを決められると、ロペスの犠牲フライでベイスターズ先制。

6回、先頭・鳥谷がチーム3本目のヒット。続く大和が送りバントを決めて、これが今季初の2番バッターの犠打とか。チャンスで江越に期待がかかりましたが、カウント3-1から内角ストレートに見逃し。この後、フォークに泳ぎながらの浅いライトフライ。続く福留は力勝負のストレートに少し差し込まれてセンターフライ。

7回、ここまで被安打2の球児が初の7回のマウンドへ。ストレート勝負で乙坂がライトオーバーの2塁打。この後2アウト2塁から香田コーチがマウンドに行って相談したものの、代打・下園、荒波への連続四球で満塁。コントロールが定まらなくなり106球の球児はここで降板。代わった榎田が戸柱に痛烈な当たりをされますが、陽川がジャンピングキャッチ!

8回、続投の榎田が代打・宮崎にレフトポール直撃の一発で痛い2点目。好投の井納を早めに降ろしたラミレス監督の采配が当たりました。9回は高宮。1アウト1,2塁から戸柱のピッチャーゴロで併殺を焦って、2塁悪送球。オールセーフで満塁となり、代打・井手のライト前へのポテンタイムリーで3点目。

9回は抑えの山崎康との勝負。先頭・大和がセンター前ヒット。江越はツーシームを打ち返すもセンターライナー。続く福留は狙いが外れたかストレートに見逃し三振。しかし、ゴメスがバックスクリーンへの9号2ランで反撃もあと一歩及ばず。4月は14勝14敗2分の5割(4位)で終了。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
ゴメス 藤川[負]  
大和 陽川  
原口 榎田(2)
鳥谷 福留 板山 岡崎 高山
江越 横田 高宮(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤川球児投手(3週間ぶりの先発登板で生き残りをかける。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年4月29日 (金)

岩貞、被災地の熊本へ届ける白星!陽川逆転弾!

20160429 阪神○2-1●DeNA(甲子園
勝利打点:陽川①

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は岩貞(中5日)、DeNA・今永。支配下登録3日目の原口がプロ初先発マスク。昨日わき腹を痛めた筒香が登録抹消となり、ベンチスタートの福留と4番不在での両チームの対戦。ドラ1ルーキー左腕の今永のキレ味鋭いストレートの前に、タイガースは3回までで7三振。

4回、2アウトから倉本のファーストゴロでグラブトスされた球を岩貞が1塁ベースを踏めず(記録はエラー)。続く飛雄馬のショート強襲ヒットで1,2塁とされると、戸柱のライト前タイムリーでベイスターズ先制。そのウラ、江越が内角ストレートでひじに当たりましたが、避けていないとの判定でボールとなり、この後空振り三振。続くゴメスもファウルフライとなり、自らバットを折りました。

5回、先頭・鳥谷が四球を選ぶと、陽川がチェンジアップを振りぬきバックスクリーン左のプロ1号2ランで逆転!これがチーム初ヒットでした。続く原口もグローブに当たったと主張しますが、スイングをとられて判定はファウルとなり、この後三振。6回、先頭・ロペスの右中間への当たりで江越のダイブもボールがこぼれて3塁打に。それでも後続を抑えた岩貞がガッツポーズ。

7回は高橋が三者連続三振に抑えると、そのウラ、原口のヒットで2アウト1,2塁とした所で今永が14奪三振で降板。代わった須田に代打・福留をコールしますが、空振り三振。8回はドリスが無失点に抑えると、そのウラ、2アウト1,2塁のチャンス。ゴメスの打席で暴投の後、ベンチは敬遠して満塁策。ここで鳥谷が粘って9球目をセカンドゴロで三者残塁。

9回はマテオ。1アウトから倉本の左中間への当たりを少し譲り合った形で横田のダイブも及ばず3塁打。ここで代打・下園のキャッチャー前へのゴロで3塁ランナーはストップ。最後は戸柱をサードファウルフライに抑えてゲームセット!

「純粋にうれしいです。支援をしながら野球も一生懸命やっていきたい。」by 岩貞
「最高です!逆方向の気持ちでと監督に言われ、結果につながりました。」by 陽川
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
陽川 岩貞[勝] 高橋[H](2) ドリス[H](3) マテオ[S](4)
原口  
鳥谷  
   
大和 江越 今成 横田 新井良
高山 ゴメス 北條 福留
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年4月28日 (木)

原口、値千金の同点打。若虎決死のドローで3タテ阻止。

20160428 阪神△3-3△巨人(甲子園

BS1で完全中継。よみうりTVでも中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、巨人・菅野。鳥谷が今季初の3番に入り、板山が6番レフトでプロ初スタメン。クルーズが1回の打席で自打球を受けた影響で、守備から早くも交代。3回、1アウトから連打で1,3塁とされると、坂本が左中間への3ラン。昨日から3打数連続アーチとなり、ジャイアンツ先制。

打線は菅野の前に3回までノーヒット、7奪三振(エラーの出塁1つのみ)。5回、スライダーに対応し始め、1アウト1,2塁から岡崎が4-6-3の併殺コースでしたが、坂本の1塁悪送球の間にタイガースが1点を返しました。菅野の連続イニング無失点は30でストップ。

勝負は7回、先頭・福留ゴメスの連打でノーアウト1,2塁のチャンス。ここで板山の代打・北條が惜しいファウルの後、スリーバント失敗。続く大和の初球ファーストゴロをギャレットがトンネルして1アウト満塁!金本監督が勝負に出て代打の切り札・狩野が登場しますが、カウント2-0から空振り三振。続く代打・良太も空振り三振に倒れて、菅野-小林のバッテリーが揃ってガッツポーズ。ここの2人との対戦でギアを上げられました。

8回からドリス-小宮山のバッテリー。9回、1アウト1塁で相川の二遊間を破りそうな当たりを北條がダイブ。グラブトスの際にボールがころころと転がるのを、鳥谷がグラブでつまんで2塁アウトにする好プレイ。

9回ウラは抑えの澤村との勝負。先頭・ゴメスの8号ソロで1点差とすると、北條のレフト前ヒットで場内が盛り上がってきました。大和の送りバントで1アウト2塁から代打・江越のレフト前ヒット。相手の中継する返球を見てヘッドスライディングで2塁を陥れる好走塁の後、代打・原口の犠牲フライで3-3の同点。なお2アウト2塁、ここで左の山口にスイッチされ、高山はサードゴロでサヨナラならず。

10回はマテオ-原口のバッテリー。1アウト1塁で吉川のバント小フライで坂本が飛び出しており、ゲッツー完成。イニングをまたがせた11回は2アウト1,3塁のピンチでしたが、松本哲をスライダーで空振り三振に抑えてピンチ脱出。12回は安藤。いきなり長野に長打を許しましたが、中継が決まって3塁でタッチアウト。そのウラ、マシソンから1アウト2塁のチャンスでしたが、代打・陽川今成の連続三振で4時間1分のドロー。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 江越 原口 ドリス(2) マテオ[H](3) 安藤(4)
   
大和 メッセンジャー 北條
  横田
今成 板山 小宮山
高山 鳥谷 福留 岡崎 狩野 新井良 陽川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 石崎剛投手(初昇格。打ち込まれる癖が治れば競った場面で使える。)
IN 小宮山慎二捕手(初昇格。梅野の不振で正捕手争いのチャンス。)
OUT 岩田稔投手(4試合連続KOでついに2軍落ち。巻き返したい。)
OUT 歳内宏明投手(期待のリリーフも粘れず再調整。)
OUT 清水誉捕手(少ない先発チャンスながら、アピールできず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

原口、支配下登録から即プロ初ヒット。岩田大敗。

20160427 阪神●1-11○巨人(甲子園
勝利打点:ギャレット

BS朝日→朝日放送→BS朝日のリレー中継。今日の先発は岩田(中9日)、巨人・田口。雨の影響で試合開始が30分遅れて開始。背水の岩田ですが相棒の梅野が抹消されて、清水とのバッテリー。初回、2アウト1塁からギャレットにライトポール際の2ランでジャイアンツ先制。打線は田口のスライダー、ツーシームに苦戦してノーヒット。

4回、ノーアウト1塁から村田のセンターへの打球が伸びて、江越がグラブに当てながら落球(記録は2塁打)。1アウト2,3塁から田口がヒッティングに出てゴメスがファンブル。ゴロゴーのサインは出ておらず満塁となると、長野が前進守備を破るセンター前タイムリー。さらに江越のバックホームが三本間にそれ、さらにカバーの清水が後ろにそらす間に4点目。続く立岡の初球タイムリーで岩田KOとなり、代わった歳内も坂本の犠牲フライで0-6。

5回からセンターが横田に代わり、江越(前の回、見逃し三振)は懲罰交代の形に。そのウラ、ゴメスがチーム初ヒットとなるレフト線への長打でしたが、2塁タッチアウト。この後、2アウト1塁で代打・原口(今日背番号が94になり間に合わず、山田コーチのユニフォームで登場)がプロ初打席。良い当たりセンターフライに倒れ、6回からマスクをかぶりました。

6回、1アウト2塁から長野がセンターフェンス直撃のタイムリー3塁打。続く立岡のショートライナーを鳥谷が弾いて1,3塁となると、坂本がレフトスタンドへの3ランで0-10。そのウラ、代打・良太がバックスクリーン右への特大アーチでようやく一矢。

8回、坂本が2打席連続の一発で11点目。そのウラ、原口のプロ初ヒットとなるレフト前ヒットが飛び出しますが、得点できず。結局、5併殺の上、田口にプロ初完投までさせてしまい今日は完敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  新井良
  陽川
鳥谷 原口 高宮(4)
   
福留 ゴメス 高山 板山 榎田(3)
今成 大和 江越 清水
岩田[負]
横田 北條 歳内(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 原口文也捕手(今日支配下登録、即昇格。2軍での努力を首脳陣は見逃さず。)
OUT 梅野隆太郎捕手(リード面で悩み。打撃不振も重なり、復活に期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«藤浪、6回に急変。一挙4失点で巨人戦初戦落とす。