2015年5月28日 (木)

福留、連夜サヨナラ!6出塁の荒木も初のお立ち台。

20150528 阪神○4x-3●楽天(甲子園
勝利打点:福留⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発はサンティアゴ(中5日)、楽天・菊池。初回、2アウト1,2塁から中川、後藤に連続タイムリーを許してしまい、イーグルスが2点を先行。ボールが低めに集まらず、毎回ランナーを出しながらの苦しい展開。さらに5回2アウトから枡田に一発を許してしまい、痛すぎる3点目。おかげでそのウラ、代打・北條のプロ初打席も実現してファーストフライ。

6回、先頭・鳥谷がチーム初ヒット。さらに荒木もヒットで続いてノーアウト1,3塁とすると、マートンのライト犠牲フライで1点。さらに2アウトから福留がライトポール際へのタイムリー2塁打で1点差。そして8回、福留が右中間への2塁打を放つと、2アウト2塁から隼太が初球を詰まりながらライト前へ落とすタイムリーで3-3の同点!

9回は呉昇桓が無失点に抑えると、そのウラ、イーグルスも松井裕がマウンドに。1アウトから荒木がヒットで出塁すると、マートンも四球で1,2塁のチャンス。ここでゴメスが空振り三振、福留もショートフライでサヨナラならず。呉昇桓は10回も続投で今季2度目のイニングまたぎ。相手バッターを見て2度の敬遠で2アウト満塁。代打・伊志嶺にカウント2-0と不穏な感じ。ここでファウルフライを打ち上げるも小宮山が捕れず。それでもボール球を振らせてピンチ脱出!

11回、昨日サヨナラ負けを喫した戸村も打てそうになかったのですが、2アウトから荒木がプロ初の猛打賞で出ると盗塁成功!これでリズムを崩したか、マートンゴメスに連続四球で満塁。ここで昨日サヨナラを決めた福留が打席に入り、カウント3-0からフルカウントまで行きましたが、最後は内角の際どいコースを取ってもらえずサヨナラ押し出し!タイガース通算5000勝をサヨナラで飾りました。

「(連夜のお立ち台に)恥ずかしいです。早く帰れると思いました。」by 福留
「最高でーす。(11回まで)長かったです。明日も勝ちます。」by 荒木
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
荒木 福留 松田(2) 高宮(3) 呉昇桓[H](4) 福原[勝](5)
鳥谷 俊介
マートン 伊藤隼  
  大和
  北條 狩野 森越
ゴメス 上本 鶴岡 サンティアゴ 小宮山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年5月27日 (水)

藤浪、10回0封も白星つかず・・・福留サヨナラ弾!

20150527 阪神○2x-0●楽天(甲子園
勝利打点:福留⑤

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は藤浪(中6日)、楽天・美馬。2番サードで荒木が入りました。初回、先頭・鳥谷が初球ヒットで4試合連続の第1打席ヒット。2番の荒木も初球でバントを決めますが、後続が倒れて無得点。ファーストに入ったペーニャのファインプレーにも阻まれました。

4回、先頭・ゴメスが右中間への2塁打。さらに福留のライトフライ(強肩の松井稼相手)でゴメスが激走のタッチアップ。1アウト1,3塁のチャンスでしたが、隼太がショートフライ。続く鶴岡も粘りましたがアウトローへのスライダーに見逃し三振。

2試合連続完投中の藤浪ですが、今日も150キロ超のストレートとカットボール主体で三振の山。5回、6回とピンチを背負いましたが、嶋には155キロのストレートで見逃し三振に抑えてガッツポーズ!0-0の投手戦で美馬も6回無失点。藤浪は9回は三者三振、無失点に抑えて12奪三振、122球の快投。

9回、イーグルスは抑えの松井裕が高校時代以来の甲子園のマウンド。2アウトから福留がヒットも無得点で延長戦へ。藤浪は10回のマウンドにも上がり155キロもマーク。131球、13奪三振。26イニング連続無失点を継続。そのウラ、先頭・大和がヒットで出塁し、鶴岡が送りバント成功。ここで代打・関本を送りますが空振り三振。続く鳥谷も三振に倒れてサヨナラできず。

11回は呉昇桓。土日の体調不良もあって心配されましたが、上本のジャンピングキャッチもあって助けました。そのウラ、イーグルスは戸村がマウンドに。2アウトからゴメスが1,2塁間を破るヒットで代走・俊介が登場。ランナーに多少動揺したか、制球を乱してカウント2-0となった所で福留が左中間スタンドへのサヨナラホームラン!!

「(勝負強さの秘訣は)知りません。晋太郎には申し訳ないことをして。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 藤浪 呉昇桓[勝](2)
ゴメス 鶴岡  
  大和
上本 俊介
鳥谷 伊藤隼  
荒木 マートン 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年5月26日 (火)

岩田、4年ぶり完封!交流戦も4年ぶり白星発進。

20150526 阪神○3-0●楽天(甲子園
勝利打点:福留④

サンテレビ、BS1で完全中継。11年目の交流戦(今季は18試合)が開幕。先発は岩田(中6日)、楽天・塩見。大和が2番で先発復帰し、サードは関本が今季初スタメン。初回、先頭・鳥谷がヒット(3試合連続で第1打席ヒット)で出塁すると、2アウト1,2塁から福留がセンター前タイムリーを放ち、タイガース先制!さらに満塁のチャンスでしたが、上本がショートゴロ。

2回、岩田の送りバントが小フライとなり、鶴岡も1塁に戻れずゲッツー。嫌な流れになりかけますが、3回は福田の盗塁を余裕を持って鶴岡が刺して助けました。そのウラ、2アウト満塁で再び上本に回りましたが緩いカーブにタイミングが合わず空振り三振。

5回、先頭・桝田がイーグルスの初ヒット。大和の守備位置が逆でしたが、素早く追い付いて2塁への進塁を防ぐと、次の後藤が右中間フェンス際まで飛ばす当たりを大和が捕ってくれました。仮に2塁に行っていたらタッチアップになっていました。この後、1アウト1,2塁のピンチを抑えると、そのウラ、1アウト1塁でゴメスが左中間スタンドへの4号2ランで3-0!フォークに崩されず振り切りました。

塩見も珍しく序盤で4四球と乱れましたが、次第に力強いストレートと変化球が決まりだして、両投手が奪三振の山。タイガース打線は塩見の前に中盤に5者連続を含む10三振を喫しました。8回まで107球の岩田でしたが、9回も続投。球が抜けて危険な状態でしたが、最後は後藤にセンターフェンス際まで飛ばされながら、大和がジャンピングキャッチでゲームセット!岩田も10奪三振で2011年10月以来の完封!

「(完封は)懐かしいです。味方が点を取るまで粘り続けます。」by 岩田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 岩田[勝]  
鳥谷 大和 マートン  
福留 鶴岡  
関本  
上本  
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 石崎剛投手(2軍で先発調整もチーム事情で再びリリーフに。)
IN 山本翔也投手(今季初昇格のリリーフ左腕。まずは登板。)
IN 小宮山慎二捕手(梅野が不在の間、第3の捕手でアピールしたい。)
IN 北條史也内野手(内野のサブとして期待。今回は初出場なるか?)
25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩貞祐太投手(今季初先発は乱調。再びチャンスを待つ形に。)
OUT 桑原謙太朗投手(敗戦処理でも、あの制球力では厳しい。)
OUT 榎田大樹投手(テンポの良さが単調に。トレード要員になってしまう。)
OUT 新井良太内野手(守備で左ひざを痛め、サードの出場チャンスを逃す。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年5月24日 (日)

和田vsキヨシ。危険球で乱闘騒ぎでも追い付けず。

20150524 DeNA○8-6●阪神(横浜
勝利打点:なし

毎日放送で完全中継。今日の先発は岩貞(初登板)、DeNA・須田。初回、ノーアウト1塁で俊介の送りバントを2塁悪送球でオールセーフ。ここでマートンがショート強襲のセンター前タイムリーでタイガース先制!さらにゴメスもライトオーバーのタイムリーで続くと、福留も犠牲フライで3点先行。しかしそのウラ、1アウト1,2塁で筒香のショートゴロ併殺の場面。上本の1塁送球がそれてこぼれる間に1点。ただ筒香が足を痛めて交代。

2回、須田の送りバントで良太の猛ダッシュが見えたか、岩貞が譲ってしまい…誰も捕らずに打球がマウンド後方まで転がるヒット。変化球がカウントが取れず、1アウト満塁のピンチでしたが飛雄馬がゲッツー。そして3回、途中出場の下園がライト線タイムリー2塁打で1点差とされ、1アウト1,3塁で桑原にスイッチ。ただ井手にタイムリー2塁打を許した後、暴投の間に勝ち越し。さらに嶺井にタイムリーで3-5。

めった打ちの桑原を4回の打席に立たせる采配にレフトスタンドから罵声が聞こえてきました。4回も制球が定まらずノーアウト1,2塁のピンチ。ただ交代寸前で持ち直して無失点。5回から榎田に代わりますが、1アウト2塁から石川に右中間を破るタイムリー3塁打。さらに倉本のセーフティスクイズを榎田が素手で捕ってホームに投げるも藤井がこぼしてオールセーフで3-7。

3回以降、ヒットすら出ない状況で7回、代打・隼太が右中間スタンドへの2号2ランで反撃。7回から遼馬が三者三振に抑えますが、2イニング目の8回、2アウト2塁から井手にセンターオーバーのタイムリー2塁打で5-8。追い込んでただけにもったいなかった。

9回、抑えの山崎康が上がりますが、先頭・上本の初球をまさかの頭部直撃で危険球退場。一昨日も当てられた事もあり、和田監督がキャッチャーに激しく詰め寄ったことで両軍入り乱れる事態に。もう少しで両監督の掴み合いでしたが、上本はすぐそばで倒れたままでした。スクランブルで左の田中が上がりますが、連続四球で1アウト満塁となった中畑監督はバッテリーごと交代。ここで国吉が鳥谷を押し出して2点差となり、代打・大和は惜しくもサードライナー。最後はマートンが空振り三振に倒れてゲームセット。借金4の5位で交流戦へ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 伊藤隼
  関本
ゴメス  
藤井  
マートン 福留 森越 狩野 松田(4)
俊介 上本 新井良 岩貞 大和 桑原(2) 榎田(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩貞祐太投手(今季初の先発チャンス。「岩」の付く名の先発争いに。)
OUT 梅野隆太郎捕手(プロ入り初の2軍落ち。試合経験を増やしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年5月23日 (土)

能見、緊急事態での9回完投。延長制しベイ止めた。

20150523 DeNA●2-4○阪神(横浜
勝利打点:福留③

よみうりTVで9回ウラ途中まで中継。今日の先発は能見(中6日)、DeNA・井納。西岡の離脱に伴い、2番には俊介が1か月ぶりのスタメンで入り、サードは良太。初回、先頭・鳥谷がヒットで出塁すると、1アウト2塁からマートンがライト線へのタイムリー2塁打でタイガース先制!そのウラ、1アウト1,2塁で筒香との勝負でしたが、強いレフトライナーで助けられました。

3回、2アウト3塁で筒香との2打席目。勝負を避ける可能性もあったのですが、外し気味に構えたスライダーが高めに浮いてしまいレフト前タイムリーで同点。立ち上がりにバラついていた井納の方が先に落ち着いてしまい、嫌な流れに。6回、3打席目の筒香はライト線を痛烈に破ってなんと3塁打。1アウト3塁のピンチでしたが、ロペス、バルディリスを打ち取り。

7回まで94球の能見を8回の打席に立たせて続投。この後、1アウト1塁で俊介に送りバントをさせて得点圏に送りますが、マートンが空振り三振で勝ち越せず。先に先発を降ろしたベイスターズは同点の9回、左の田中。ノーアウトで代走・荒木が盗塁を決めると、送球がそれる間に一気に3塁へ。ここで福留のレフト犠牲フライで勝ち越すと、上本の長打に加えて中継が乱れる間に再び3塁へ。ところが長田にスイッチされ、代打・関本藤井で1点取れず。

1点リードの9回、能見がマウンドに上がりますが、先頭・筒香の強い当たりをファーストに入った荒木が後ろにそらしてしまい2塁打。現時点で三冠王に浮上して手が付けられず。1アウト後、バルディリスのレフト線タイムリー2塁打で同点。この後、荒波の送りバントを関本が2塁ホースアウトで助けました。勝負は延長戦へ。

10回、1アウトから鳥谷が出塁すると、暴投の間に一気に3塁へ。コーチが間を取った直後、俊介がスクイズを試みますがファール。結果三振に倒れて2アウト3塁。3番、4番の外国人を下げており苦しい場面ながら、大和を敬遠して、荒木も四球で満塁。ここで福留がセンター前へ2点タイムリーで勝ち越し!そのウラ、呉昇桓が体調不良で登板できず、なんと福原。ハラハラしましたが3人で抑えて2年ぶりのセーブ。

「下がってはないです。能見に勝ちを付けてやりたいという思い。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 福留 能見 福原[S](2)
  荒木
マートン 大和
上本 藤井  
ゴメス 新井良 森越 伊藤隼
俊介 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 森越祐人内野手(故障明けながら好調で初昇格。内野のサブ。)
OUT 西岡剛内野手(右ひじの違和感を訴えアウト。長期離脱も。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年5月22日 (金)

サンティアゴ、5回に落とし穴。5点差逆転負け。

20150522 DeNA○6x-5●阪神(横浜
勝利打点:井手

サンテレビで完全中継。今日の先発はサンティアゴ(中6日)、DeNA・山口。上本が3試合ぶりのスタメン。初回、マートンのピーゴロ併殺コースに山口が2塁へ悪送球。ここから1アウト満塁となり、福留のファーストゴロで後ろに守っていた分、アウトは1つだけでタイガース先制!続く上本がライト線へのタイムリー2塁打で2点目。

そのウラ、鳥谷のファンブルと関根のバスターが鮮やかに決まってノーアウト2,3塁の大ピンチ。ここから1アウト満塁となりますがロペスのゲッツーで切り抜け。すると2回、鳥谷が逆風の中でレフトポール際最前列へ放り込む2ラン!3回には福留がレフトスタンドへの一発で5-0。山口を3回でKO。

5回の守備から西岡が退いてサードは良太。右ひじの違和感を訴えた模様で明日以降は心配。先頭・飛雄馬のショートゴロを鳥谷が握りなおして内野安打。ギリギリの当たりが今日は続きました。ここから2アウトまで行ったのですが、関根の四球でピンチが拡大。下園のタイムリーで1点を返されると、続く筒香はライト最上段への特大3ランであっという間に1点差。あと1人でサンティアゴKO。

7回、ノーアウト1,2塁のチャンスで上本が何とか送りバント成功。ここで隼太、代打・狩野が続けて凡退して得点できず。そのウラ、先頭・黒羽根にセンター右へのヒットを許したところで、左の高宮、センターを俊介に交代。ここの交代機が遅れました。2アウト3塁から代打・井手にライト前タイムリー(福留のダイブも及ばず)を許して同点。この後、1,2塁のピンチで代わった安藤がロペスに痛烈なサードライナー。

9回、福原がマウンドに上がりますが、先頭・黒羽根がライト前ヒット。この後、1アウト2塁となった所でマートンを下げて大和をセンターへ守備固め。2アウトまで行きましたが、またも井手がライトフェンス直撃のタイムリーでまさかのサヨナラ負け。5回以降は流れを完全に渡してしまいました。ベイスターズはハマスタで11連勝とか勢いの差。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 松田(2)
鳥谷 上本 安藤[H](4)
   
ゴメス 鶴岡  
サンティアゴ 新井良 藤井 俊介 大和
西岡 マートン 伊藤隼 狩野 高宮(3) 福原[負](5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年5月21日 (木)

横山、7回1失点の快投デビュー戦。8回逆転劇!

20150521 阪神○2-1●巨人(甲子園
勝利打点:鳥谷②

BS-TBS→毎日放送→BS-TBSのリレー中継。今日の先発は横山(初登板)、巨人・マイコラス。ドラ1左腕の注目の立ち上がりは最速149キロのストレート押しで、飛ばしていきました。2回は西岡のエラーでランナーを背負いましたが、長野に初めてドロップのようなカーブで見逃し三振に抑えて、初対戦の強みを見せました。

4回、片岡がチーム初ヒットで出ますが、牽制に誘い出してアウト。挟殺プレーは怪しかったですが助かりました。この後、坂本の痛烈な当たりに西岡が横っ飛びで止めるファインプレー。5回は1アウト2,3塁の大ピンチでしたが、2軍戦でホームランを打たれていた大田をカーブ待ちの裏をかく、内角ストレートで見逃し三振!

6回、2アウト2塁からアンダーソンに前進守備の左中間を破るタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。ちょっと厳しいかなと思いましたが、6回の打席にも立たせてベンチは横山を続投。7回は2アウト1,3塁のピンチでしたが無失点でしのぎ、堂々の1軍デビュー。

打線は初対戦のマイコラスに大苦戦。150キロも超えて終盤も差し込まれてました。それでも8回、先頭・福留がセカンドのグラブを弾くチーム2本目のヒット。ここで左の山口にスイッチし、代打・俊介が送りバント成功。さらに代打・関本が四球を選んで1,2塁とした所で、マシソンにスイッチ。代打・狩野が死球で満塁になり、4人目の代打・良太がセンター犠牲フライを放ち同点!さらに今日3三振と不振の鳥谷が1,2塁間を痛烈に破るタイムリーで勝ち越し!

1点リードに代わり9回は呉昇桓。先頭・長野のヒットですかさず代走・鈴木登場。この回からマスクをかぶる梅野が珍しくフォークを使ってました。1アウト後、代打・由伸のヒットで1,2塁とされ、代打・阿部はファーストゴロで2アウト2,3塁。一打逆転の場面で代打・橋本に対して最後はインローの石直球で見逃し三振!!チームは3安打で苦しい一戦を取り、今季初のジャイアンツ戦カード勝ち越し。

「自分も一本で終わらず、勝ちにつなげて行きたいと思います。」by 鳥谷
「あの辺で打たれるので男だなと思いました。もっと練習します。」by 良太
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
横山 新井良 高宮[勝](2)
鳥谷 俊介 関本 呉昇桓[S](3)
鶴岡 梅野 狩野
福留 上本
西岡 伊藤隼 大和
マートン ゴメス 荒木  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 横山雄哉投手(ドラ1ルーキーのプロ初登板。度胸あふれるマウンドを。)
OUT 坂克彦内野手(貴重なスーパーサブより、荒木の実戦テストを優先。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プロ野球スピリッツ5査定(黒田博樹)

黒田 博樹 背番号:15 背名前:KURODA
所属:広島東洋カープ 投手 右投げ(オーバースロー) 右打ち
球速:152km/h スタミナ:C(44) 先発調整力:D(14) 疲労回復力:D(14)

【ストレート】球威:D コントロール:B
【ツーシーム(もしくはHシュート)】球威:B コントロール:B
【スライダー】球威:D コントロール:D 変化レベル:3
【カーブ】球威:F コントロール:E 変化レベル:2
【SFF】球威:C コントロール:C 変化レベル:4

【起用法】先発 7回以上 3~5点 スタミナ限界-
【プロスピ顔コード】3Y6 RQA 42U OXX 37A BST もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

藤浪、巨人戦でチームの危機を救うプロ初完封!

20150520 阪神○1-0●巨人(甲子園
勝利打点:ゴメス④

朝日放送、BS朝日で中継。今日の先発は藤浪(中5日)、巨人・大竹。昨日の大敗を受けて再びオーダーをいじり、鳥谷を1番、マートンを3番に起用。昨日、今季初ヒットの荒木もセカンドで今季初スタメン。初回、四球のランナーを出した後、亀井をゲッツーで切り抜け。そのウラ、1アウト1,2塁のチャンスでしたが先制できず。

5回、先頭・阿部に四球を出すと、弾いたスキに2塁へ。鶴岡の送球もそれましたが、阿部の体に当たったのが幸いして3塁には進めず。この後、井端も四球でノーアウト1,2塁のピンチでしたが、堂上兄が初球をショートゴロ併殺。これには助かりました。藤浪も中盤からストレートを主体にまとまり出しました。

6回、1アウトから西岡がヒットで出塁すると、続くマートンもライト前ヒットで1,2塁。ここでゴメスが外角低めのチェンジアップに食らいつき、三遊間を破るタイムリー!外野も深めに守っていたこともあって、一気に西岡が先制のホームイン!この後、2アウト満塁のチャンスでしたが、荒木をそのまま打席に立たせてセカンドフライ。

1点リードの8回、ジャイアンツはマシソンにスイッチ。先頭・西岡のピッチャーゴロを悪送球で一気に2塁に進むと、マートンが実は今季2度目の猛打賞でノーアウト1,3塁。代走・上本が初球スチールで2,3塁としますが、ゴメスは空振り三振。福留が四球で満塁となり、途中出場の大和をそのまま行かせて三振。2アウトとなって代打の切り札・関本を出してレフトフライ。起用も難しいですがダメ押しまではいかず。

雨が降り出した甲子園の9回も藤浪がマウンドへ。いきなり代打・高橋由との勝負でしたが、高めストレートで空振り三振!フルカウントだったので四球で出れば代走・鈴木とのプレッシャーだったので大きかった。最後は亀井の1,2塁間への当たりを上本がスライディングキャッチでゲームセット!137球で藤浪がプロ初完封!

「(完封は)しびれました。明日(ドラ1初登板の)横山さんが抑えてくれます。」by 藤浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
藤浪[勝]  
西岡 マートン 鶴岡  
ゴメス  
  上本
福留 伊藤隼  俊介 関本
鳥谷 荒木 大和
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 松田遼馬投手(持ち前の球威で再び競った場面でのリリーフを期待。)
OUT 小嶋達也投手(無失点では抑えていたが、暴投と四球が響いたか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2015年5月15日 (金)

サンティアゴ、初先発で結果。又吉撃ちで逆転勝ち!

20150515 中日●1-2○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:マートン③

関西テレビで4回ウラから8回表まで中継。今日の先発はサンティアゴ(初登板)、中日・小熊。隼太をセンターに起用し、鶴岡が2試合連続のマスク。新外国人の注目の立ち上がりでしたが、初回いきなり上本が後逸。次の当たりも処理がおぼつかない感じでした。2回はノーアウト2,3塁の大ピンチで、前進守備の上本のダイビングキャッチもあって無失点。

サンティアゴは145キロ前後、ツーシーム系のハードシンカー、大きく割れるカーブでカウントで取り、スライダー、チェンジアップと多彩な技巧派というイメージ。左にはよく打たれながら粘っていましたが、5回、1アウトからエンドランを決められて1,3塁とされるとルナのライト犠牲フライでドラゴンズ先制。

打線は小熊相手に今日も沈黙。6回、2アウトから1,2塁のチャンスを作りましたが、マートンの二遊間を破りそうな当たりを亀澤が二塁ベースに寄ったナイスポジショニングで阻まれました。7回も打席が回らなかったサンティアゴが7回ウラのマウンドに登板して、粘りのピッチング。最後は平田をインコースでズバっと見逃し三振。

1点を追う8回、ドラゴンズは又吉を登板。すると代打・良太が6日の甲子園でのサヨナラ劇を思い出させるヒット。ここで代走・大和が盗塁を決めると、西岡が粘ってライトオーバーのタイムリー2塁打で同点!上本もヒットで続き、盗塁でノーアウト2,3塁のチャンス。ところが連続三振で2アウトまで行き、嫌な流れの中でマートンが今後は1,2塁間を緩やかに破るタイムリーで勝ち越し!

8回は福原。2アウトからエルナンデスの高く跳ねた当たりを大和が後ろにそらす珍しいプレーもありましたが、無失点。9回は呉昇桓が2アウトから大島にヒットを許しますが、まさかの盗塁失敗でゲームセット。借金2ですが3位浮上!

「全力で阪神の優勝に貢献できるように頑張ります。」by サンティアゴ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
西岡 サンティアゴ[勝] 福原[H](2) 呉昇桓[S](3)
鶴岡 新井良 大和
上本 マートン  
   
伊藤隼  関本 俊介 狩野
鳥谷 ゴメス 福留  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN サンティアゴ投手(第5の外国人に先発チャンス。虎の救世主になれるか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«良太、流れ変えた一発!あと1球から劇的サヨナラ!